ノーサイドゲーム第4話のあらすじとネタバレ、感想も紹介!

第4話では、日の目を見ない控え選手・佐々にスポットが当たります。チームの為に縁の下の力持ちとして努力していた佐々でしたが、ミスが重なり責任を感じ、退部届けを君嶋に提出します。

ノーサイドゲーム3話のあらすじ・ネタバレ

アストロズの開幕戦はリーグ初戦を勝利で飾ります。

練習を重ねた成果に加え、ボランティア活動のおかげで集まった多くの観客の応援もあり、選手たちは活躍。

その試合を見て、たくさんの子どもたちがラグビー教室に集まりました。

大阪で第2戦が始まるものの、観客動員数はがくっと減少。

チームは勝利しましたが、君嶋は観客数を増やすために雑誌社の力を借りようとします。しかし、ライバルチームの暗躍で失敗に終わります。

ある日、営業部の同僚に頼まれて電話に出た佐々一(林家たま平)は、アポイントの時間を間違えて聞き取ってしまう・・・

慌ててチームメイトのサインボールを手に謝罪に向かいますが、ゴルフカートの発注の話が白紙に戻ってしまいます。

取引先の青野はライバルチームのファンだったのです。

本社では、カザマ商事の買収が成功したトキワ自動車は海外展開がしやすくなり、滝川の存在感が増していました。

府中の従業員はリストラされるのではないかと危機感を感じ始め、ラグビー部員の立場が狭くなっていきます。

佐々は取引を破談にしてしまったことに責任を感じつつ、献身的にチームに尽くしていました。

 

マネージャーの佐倉多英(笹本玲奈)がはじき出したデータを基に、練習するアストロズの選手たちでしたが、もう十分だと練習を切り上げようという話になります。

佐々はまだ練習していないパターンがあると、選手を引き止めて説得をしました。しかし、主力の里村(佳久創)が捻挫をしてしまいます。

責任を感じて落ち込む佐倉は、父親がラグビー選手だったと語ります。君嶋は佐倉が父の影響でアナリストを目指したことを知りました。

仕事とラグビーで失敗が重なって責任を感じた佐々は、君嶋に退部届けを提出します。慌ててキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)が取り上げます。

そんな府中工場へゴルフ場の反対運動を掲げる民衆がやってきて、疑問を感じた君嶋が青野を訪ねます。すると、発注中止の原因が、ゴルフ場の建設中断によるものだったことを知らされます。

発注が取り消しになったことが佐々の責任ではないと分かった君嶋は、佐々の誤解を解きます。

そして、選手たちは佐々を信頼していると伝えると、ラグビー部員たちがグラウンドで待っており、佐々を暖かく迎えます。

ノーサイドゲームを見ての感想を紹介

まとめ

第4話では、控え選手にスポットライトが当たるという胸熱くなる展開でした。
ミスが重なり、自分の役割に自信が持てなくなる佐々一に共感した方も多いのでは?
さらに団結したアストロズの今後に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です