紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

ノーサイドゲーム第7話のあらすじとネタバレ、感想も紹介!

第7話では、引き抜きにあうアストロズメンバーとの別れを描きます。さらに滝川桂一郎(上川隆也 )が社長への椅子にさらに近づき、ラグビー協会の重鎮も登場、君嶋隼人(大泉洋)の新たな闘いの火蓋が落とされます。

ノーサイドゲーム7話のあらすじ・ネタバレ

トキワに勤めるラグビー好きの女性社員が、浜畑(廣瀬俊朗)サイクロンズのGMがホテルのロビーで話しているところを見かけます。

そのことを知った君嶋隼人(大泉洋)は、浜畑の移籍を引きとめようとするのですが、浜畑はアストロズへの残留を決めており、君嶋は安堵します。

そんな中、サイクロンズが引き抜きを目論んでいたのは、里村(佳久創)でした。

里村は全日本での活躍、そしてヨーロッパリーグへの移籍を夢見て、レベルも高く待遇も良いサイクロンズへ移籍することを決めます。

アストロズの選手たちや社員は、悪びれもしない里村に対して「トキワを見捨てた」と文句を言い始めます。

君嶋はアストロズの戦力ダウンを狙ったサイクロンズの手法に憤り、移籍承諾書を出すことを拒みました。

君嶋隼人(大泉洋)は、息子の博人(市川右近)が練習に励み、ラグビーを通して仲間の大切さを学んでいく姿を目にします。

さらには取引先のラグビーファンから、里村のプレーを楽しみにしていると声をかけられ、君嶋はこのままで良いのかと考え始めます。

浜畑に相談を持ちかけると、同じ気持ちを持っており、熱く部員たちを説得してくれました。

里村がチームを去る日、暗くなったラグビーグラウンドにアストロズの部員たちがやってきます。

里村アストロズの仲間たちから厳しい言葉とともにエールを送られ、君嶋からは移籍承諾書を手渡されます。

里村仲間たちは涙を拭きながら、来季のグラウンドでの対戦を誓い合いました。

君嶋隼人(大泉洋)は里村が去ったアストロズを心配していましたが、柴門琢磨(大谷亮平)はアストロズはもっと強くなると言います。

里村が移籍を考えた理由の一つに、佐々一(林家たま平)の素早いパスがアストロズには合っていると感じていたことがありました。

新たに七尾圭太(眞栄田郷敦)が加わり、チーム内の競争が激しくなることで来年は期待できると、柴門と君嶋は胸を張りました。

ノーサイドゲーム7話の感想!!

まとめ

君嶋隼人(大泉洋)はアストロズから去る選手を前向きに送り出すことを決めました。

戦力ダウンしたアストロズが、2期目にどのような戦略でサイクロンズに立ち向かっていくのか、見どころですね。

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です