ノーサイドゲームのネタバレ/第7話までの結末とあらすじをおさらい!視聴率や原作についても!

ノーサイドゲームは、池井戸潤さんの原作小説を基にドラマ化されています。

池井戸潤さんは、「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などヒットドラマの原作を多数担当してきました。

今回のノーサイドゲームは、原作と異なる設定がいくつかあり、ドラマならではの演出も加えられています。

第1話 13.5%

トキワ自動車の社長の座を狙う滝川桂一郎(上川隆也 )の思惑により、左遷された君嶋隼人(大泉洋)ラグビーチームのGMに就任します。

廃部を考えていた君嶋でしたが、自分と重なる境遇のアストロズに希望を見出し、リーグ優勝を目指すことに。

第2話 11.8%

君嶋隼人(大泉洋)は元大学の同期であり、因縁があった柴門琢磨(大谷亮平)に、アストロズの監督就任を依頼しました。

第3話 10.9%

ボランティア活動でファン獲得に乗り出したアストロズ。不要論が出る中、岸和田徹(高橋光臣)を筆頭に地道な努力を続けます。結果、リーグ初戦のスタジアムは多くの観客で埋めつくされ、アストロズは初勝利を上げました。

第4話 10.6%

控え選手の佐々一(林家たま平)は、仕事の失敗とラグビーでの不運が重なり、退部届けを提出することに。

君嶋隼人(大泉洋)と部員たちに、チームに必要だと励まされた佐々は再びグラウンドへと戻ります。

第5話 11.4%

最終戦、ライバルで格上のサイクロンズに善戦したアストロズでしたが、残りワンプレーで惜しくも破れてしまいます。

第6話 13%

アストロズは準優勝に終わり、君嶋隼人(大泉洋)は念願の本社に戻れることになります。しかし、君嶋はアストロズのGMとして来季に挑むことを決め、その話を蹴ります。そして、七尾圭太(眞栄田郷敦)という新戦力が加入します。

第7話 9.7%

主力の里村(佳久創)がライバルチーム・サイクロンズからの引き抜きにあいます。アストロズ部員と君嶋隼人(大泉洋)は悩みぬいた末に、里村の背中を押し、対戦相手としてさらに強くなることを決意しました。

※視聴率は関東地区ビデオリサーチによるものを使用

まとめ

あっという間に7話まで来てしまいました。

米津玄師が歌う主題歌「馬と鹿」の影響もあってか、若い年代でも見ている人が多いようです。

2季目に突入し、ガラっとメンバーが変わったアストロズ。

果たして優勝できるのか、目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です