ノーサイドゲーム第8話のあらすじとネタバレ!感想も紹介!

君嶋隼人(大泉洋)が勤める府中工場に、カザマ商事が進めているゴルフ場建設反対派の地域住民がやってきます。

その話を聞きつけてやってきたゴルフ場建設の担当責任者・青野(濱津隆之)は、君嶋が反対住民の話を聞くと言ったことで、民衆が退散したことに驚きます。

ノーサイドゲーム第8話のあらすじとネタバレ!

君嶋隼人(大泉洋)は地域住民を大切にしたいと、反対派の人の問題を聞くことになり、森下教授(辻萬長)がデモを率いていたことを知ります。

森下教授はカザマ商事のオイルが原因となった疑いのあるタンカー事故調査を行っていました。

森下教授が反対運動を辞めたことに違和感を抱いた君嶋、そのオイル分析にカザマ商事が関わっていると、反対運動とタンカー事故の関係を疑い始めます。

森下教授の娘・マナは、アストロズがボランティア活動をする病院に入院しており、七尾圭太(眞栄田郷敦)が英語を教えている女の子でした。

レギュラー争奪の部内マッチを行うことになり、選手たちは意気込みます。君嶋はラグビーファンでもある、ゴルフ場建設の担当責任者・青野(濱津隆之)を試合に誘っていました。

そんな青野は、カザマ商事の社長・風間(中村芝翫)滝川桂一郎(上川隆也)の宴会に招かれていました。滝川はずっと風間に見下されており、買収することで這い上がった喜びを噛み締めていました。

七尾圭太(眞栄田郷敦)マナの手術がアメリカで行われるという話を聞き、君嶋に伝えます。

森下教授とマナの元にやってきた君嶋、オイルの検査結果はマナの手術費用のために改ざんされたものだと知ります。

浜畑(廣瀬俊朗)は、七尾が怪我をしていた右膝を酷使していることに気づき、ライバルながら鍼の先生を紹介します。

青野は過去に部内マッチで怪我をさせられ、選手生命を絶たれた過去がありました。

そんな青野に君嶋は選手たちの姿を見せ、「正々堂々と戦って勝つのがアストロズのラグビーなんです」と伝えます。

青野は、森下教授がオイル分析を頼まれたことを風間に伝えた張本人でした。

君嶋はトキワ自動車を守りたい、アストロズから未来を奪わないで欲しいと語りかけました。

柴門琢磨(大谷亮平)はグラウンドで、レギュラー発表を始めます。七尾圭太(眞栄田郷敦)がレギュラーに選ばれ、浜畑は悔しさに目を赤くします。

紫門も悔しそうに選手の前から去り、浜畑は七尾の前に立ち強く肩を抱きました。その姿を見た青野は、知っていることを全て話すと言ってくれました。

ノーサイドゲーム第8話の感想も紹介!

まとめ

ベテラン選手でチームの軸でもある浜畑(廣瀬俊朗)が、七尾圭太(眞栄田郷敦)にレギュラーの座を奪われてしまいました。

浜畑の涙をこらえても抱擁に、もらい泣きしたという方も多かったよう。

最終回が近づいてきており、今後も目が離せませんね!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です