ドラマ『凪のお暇』第2話のあらすじとネタバレ、感想を紹介!

これまでの人生をリセットするため、仕事も家も人間関係も全てを捨てた大島凪(黒木華)

そんな凪に迫る元恋人の我聞慎二(高橋一生)と新たに出会った隣人の安良城ゴン(中村倫也)

3人の歯車が動き出すドラマ『凪のお暇』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラマ『凪のお暇』第2話のあらすじ・ネタバレ

これまでの人生を全てリセットし、再出発を図る大島凪

一方、そんな凪に元カレ・我聞慎二は想いを募らせます。

 

ある日、隣人の安良城ゴンとコインランドリーで出会った凪。

イベントオーガナイザーで危険な香りのするゴンに、凪は恋の予感を感じます。

 

そんな中、生きていくだけでお金が減っていくことに危機感を覚えた凪は、失業保険の給付を受けるためにハローワークを訪れ、求職中の坂本龍子(市川実日子)と出会います。

龍子からお茶に誘われ、友達ができたと喜ぶ凪でしたが、幸せになれるという怪しげな石を売りつけられそうになります。

勇気を出して石の購入を断った凪は、石の話抜きで再び会うことを約束するのでした。

 

 

その帰り道、友達に嘘をつき、見栄を張る白石うらら(白鳥玉季)の姿を目にした凪。

友達と自分の境遇を比べてしまうといううららに、凪は優しくアドバイスするのでした。

 

一方、行きつけのスナックで、ママ(武田真治)らから「女心がわかっていない」とダメ出しされた慎二は、再び凪の部屋を訪れるも、凪は不在。

すると、吉永緑(三田佳子)と出会った慎二は、成り行きで一緒に映画を観ることになり、緑から恋のアドバイスを受けるのでした。

 

その頃、凪はゴンと一緒に近所の公園でワンコインバーベキューを楽しんでいました。

慎二とのバーベキューに嫌な思い出がある凪でしたが、ゴンと穏やかなひと時を過ごし、心癒されるのでした。

 

部屋に戻り、慎二と鉢合わせしてしまった凪は、ひょんなことから慎二、ゴン、うらら、緑とトランプをすることに。

慎二のトゲのある物言いと見透かしたような目つきに、怯える凪でしたが、ゴンの一言で場が和みます。

ところが、アットホームな雰囲気にいら立ちを覚えた慎二は、その場を逃げ出すように立ち去ります。

 

緑の話から、慎二がお土産を持ってきて、自分のことを待っていたことを知った凪は、慎二を追いかけます。

慎二は素直に気持ちを伝えようとするも、なかなか言葉にできず、傲慢な態度から凪を怒らせてしまいます。

そして、慎二は号泣しながら1人駅へ向かうのでした。

 

 

一方、突然の母親の上京、さらに龍子の引越しに、凪は慌てふためくのでした。

ドラマ『凪のお暇』第2話の感想

それでは、ドラマ『凪のお暇』第2話のツイッターの反応を見てみましょう!

 

 

https://twitter.com/sKLoyoUnFB55Ik9/status/1155241928054624256

 

https://twitter.com/na_issey1209/status/1155084757241253888

 

凪に共感する声が多数!

また、慎二のツンデレぶりとゴンの優しさに心奪われ始めた方も多いようです。

あんなに凪のことを想っているのに、本心が伝えられず、すれ違ってしまう慎二が愛おしく見えますね!

反対にゴンは発言も行動もストレートだけど、どこかミステリアスで惹かれてしまう、、、凪の気持ちわかります!

まとめ

凪への想いが募るのとは裏腹に、モラハラっぷりも激しくなってきた慎二。

慎二にビンタを食らわせた凪の心は、完全に慎二から離れてしまうのか!?

急速に距離を縮めている凪とゴンの関係は!?

また、新たな登場人物・龍子の行動が突拍子なくて気になります。

凪の人生やり直しはどうなるのか!?今後の展開が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です