映画『Blank13』ネタバレとあらすじ!斎藤工の才能がキラリ?

俳優の斎藤工さんが監督した映画『blank13』、実話というのはご存知ですか?ネタバレとあらすじ、感想を合わせてご紹介します!

映画『Blank13』映画情報

  • 公開 2018年
  • 原作 はしもとこうじ
  • 監督 斎藤工
  • 出演 高橋一生 松岡茉優 斎藤工 リリー・フランキー

俳優としても活躍している斎藤工さんの映像監督作品7作目となる本作は、脚本家のはしもとこうじさんの「13年前に失踪していた父が見つかった」と言う実話が原作となっています。

そして、この映画のサウンドトラックは、本作に出演している金子ノブアキさんが担当しています。

更に豪華なキャストが、あっちにもこっちにも登場しますので、みどころがいっぱいです!

映画『Blank13』あらすじ

だらしない父が失踪して13年、余命3ヶ月の状態で見つかった。そして残された家族との間にできた溝は埋まる事なく父は亡くなってしまいます。しかしその葬儀に来た父の知人達によって、家族は本当の父の姿を知っていく事になりました。

映画『Blank13』ネタバレ

父(リリー・フランキー)、母(神野三鈴)、兄・ヨシユキ(斎藤工)、弟・コウジ(高橋一生)の4人家族。父はお金にだらしなく、母が一生懸命生活を支えていました。兄・ヨシユキはそんな父が大嫌いでしたが、弟・コウジは父と大好きな野球をするなど父の事が好きでした。しかし、ある晩に父は出かけたきり帰ってこなくなってしまいます。

それから13年後、長い間失踪していた父が見つかるも余命わずかでした。もちろんおみまいにいかない母とヨシユキですが、コウジだけは付き合っている彼女・サオリ(松岡茉優)に背中を押されて入院中の父に会いにいくのでした。

久しぶりに会う父は相変わらずお金にだらしない様子、がっかりして帰るコウジでしたが、間もなく父は亡くなってしまいます。

そして、お葬式に集まったのは父の愉快な知人達です。彼らが語るのは生前の父の優しい姿や、人の良さ、やっぱり馬鹿なところや、いかにも人間らしい姿と家族への愛情だったのでした。

こうして、家族と父の間にできた空白の13年間が埋められていきました。

映画『Blank13』感想

本作は、過去・葬式までの3ヶ月・葬式中と3つの次元からなっていて、何度も行ったり来たりするのですが、とてもうまくまとまっているので、見やすかったです。

葬式のシーンには、佐藤二朗さんや村上淳さん、野生爆弾のくっきーや伊藤沙莉さんなど、今をときめく女優俳優、大物俳優、お笑い芸人などが出演していて、とっても見応えありでした!こちらのシーン、脚本があるにはあったらしいのですがほとんどアドリブらしくて、だからこんなに面白いのか!と納得のシーンです。お葬式中だと言うのにとても笑えますよ!

そして、過去の回想シーンにチラっと蛭子能収さんが出ていたのには、こんなところに贅沢な!!とびっくりしました。他にも、ミラクルひかるさんや、金子ノブアキさんもチラっと出演なのですが、これを探すのもこの映画の楽しみ方かもしれません。

斎藤工さんは、本作が映像作品7作目との事で、他にも短編映画やミュージックビデオなども制作されているそうなので、他の作品も見てみたいなと思いました。

映像もさることながら、音楽もとてもオシャレでした!斎藤工監督の次回長編作品が楽しみです。

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です