ドラマ『凪のお暇』第3話のあらすじとネタバレ、感想を紹介!

元カレ・我聞慎二(高橋一生)との溝が深まる一方で、危険な香りのする隣人・安良城ゴン(中村倫也)のことを意識し始めた大島凪(黒木華)

そんな凪の近所に引っ越してきた新しい友人・坂本龍子(市川実日子)

凪と慎二、ゴンの3人の関係はどうなるか!?龍子の目論見は!?

気になるドラマ『凪のお暇』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラマ『凪のお暇』第3話のあらすじ・ネタバレ

突然、凪の近所に引っ越してきた龍子

そんな龍子の行動に戸惑いながらも、凪は慎二からの仕打ちについて相談します。

そして、龍子の「元カレのどこが好きだった」かと言う問いに、凪は思わず口ごもってしまうのでした

 

 

魚屋で、ゴンと一緒にホッケといわしを眺めながら、慎二との嫌な記憶を思い出した凪

アパートに帰った凪は、ゴンと白石うらら(白鳥玉季)にいわしのフリットを振る舞います。

うららが吉永緑(三田佳子)にフリットを届けに行ってしまい、凪とゴンは部屋で2人きりに。

すると、苦手な母親が上京してくることをゴンに話した凪は、「タイトルマッチだ」と励まされます。

そして、ゴンにキスされそうになった凪は、からかわないよう忠告するも、ゴンは「本気にしていいのに」と呟くのでした。

 

 

一方、慎二はある女性の部屋を訪れ、手料理を振る舞ってもらうも、凪の作った貧乏くさい節約メシを恋しく思います。

ある日、龍子に強引に連れられ、婚活パーティーに参加することになった凪は、元同僚の足立心(瀧内公美)と再会します。

そして、足立と龍子とお茶に行った凪は、足立から辛辣な言葉を浴びせられます。

すると、凪は母親とのタイトルマッチの前哨戦と、初めて本音をぶちまけるのでし

一方、家族とともに、結婚式に出席した慎二。

周囲からは理想の家族だと思われている慎二の一家でしたが、実は、父親は愛人が何人もおり、母親は整形を繰り返し、兄は行方知れずと問題を抱えていました。

そして、行きつけのスナックで、自分のことを「相手にとって心地のいい言葉を返すだけの透明人間」だとグチる慎二。

そこで、唯一素をさらけ出すことができた凪に謝るよう、ママ(武田真治)からアドバイスされるのでした。

そんなある日、突然、凪が慎二の会社を訪れます。

そして、「慎二のこと好きじゃなかった」と話す凪は、慎二に「別れてください」と頭をさげます。

すると、慎二は「付き合っていた記憶もない」と強がるのでした。

 

 

アパートに戻った凪は、ゴンの部屋を訪れます。

すると、ゴンは「ずっと一生懸命ちゃんとしようと頑張ってきた、力を抜いていい」と、凪を抱きしめ、キスをするのでした。

その頃、凪に別れを告げられ、道端で号泣していた慎二は、ゴンの仲間と出会います。

そして、ゴンが「メンヘラ製造機」だと聞かされるのでした。

 

ドラマ『凪のお暇』第3話の感想

それでは、ドラマ『凪のお暇』第3話のツイッターの反応を見てみましょう!


凪とゴンの急展開にびっくりした第3話。

慎二の複雑な家庭環境も明らかになり、さらに、ついに凪が慎二に別れを告げました!

慎二に対する同情のコメント多数あり、慎二がこれから挽回できるのか楽しみですね!

ゴンが凪に振る舞った「ハイボールのチョコミントアイス乗せ」を実際に作ってみた方もたくさんいました。

おいしいと評判なので、一度試してみたいですね!

まとめ

足立に本音をぶつけ、慎二にも別れを告げ、少しづつ変わってきている凪。

そして、ついに凪とゴンが結ばれるという急展開!

このまま、凪は慎二と別れ、ゴンの元にいってしまうのか!?

ゴンが「メンヘラ製造機」とは、一体どういう意味なのか!?

今後の展開から、ますます目が離せませんね!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です