紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

ドラマ『凪のお暇』第6話のあらすじとネタバレ、感想を紹介!

安良城ゴン(中村倫也)に別れを告げ、無事に闇落ちから復活した大島凪(黒木華)

一方、第5話で急接近した我聞慎二(高橋一生)市川円(唐田えりか)

凪の人生リセットのやり直しは!?

慎二と円の恋の行方は!?

それでは、ドラマ『凪のお暇』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

ドラマ『凪のお暇』第6話のあらすじとネタバレ、感想を紹介!

スナック「バブル」2号店でボーイとして働き始めた凪。

ある日、「バブル」に坂本龍子(市川実日子)が訪れ、凪と龍子はお互いに謝り、仲直りします。

そして、凪はゴンと別れたことを、龍子は就職したことを報告し合うのでした。

一方、慎二は円とのオフィスラブを満喫していました。

仕事の帰り道に出くわした凪、龍子、白石みすず(吉田羊)は、3人でお酒を飲むことに。

 

 

そこで、龍子は、東大に入学し、卒業するまではいいものの、入社後は「空気を読め」と言われ、すり減る日々を送っていたという自らの生い立ちを語ります。

そんな龍子でしたが、人生リセットし一歩ずつ進んでいく凪の姿に励まされていたのでした。

ある日、お客さんとうまく会話のキャッチボールができないことを悩む凪は、ママ(武田真治)から「相手に興味がないだけ」だと言い切られ、頭を悩みませます。

すると、突然、慎二が「バブル」に姿を現し、凪と慎二は驚きます。

 

 

初対面のふりをしていたものの、やっかいな客に絡まれた凪を見かねた慎二は、凪を外に連れ出し「向いていないから辞めろ」と言い捨てます。

その帰り道、慎二は、凪がゴンと別れたことを知ります。

すると、その時、凪と慎二の前に円が現れ、動揺した慎二は円のことを「同僚」と紹介してしまうのでした。

一方、「バブル」の客から龍子の就職先が詐欺まがいの会社だと教えられた凪は、龍子を心配し、話を聞こうとしますが、龍子は全く相手にしません。

しかし、凪は龍子のことがほっとけず、慎二から知らされた龍子の会社のセミナーに向かいます。

そして、凪はセミナーで進行を務める龍子を会場から連れ出し、慎二と共に「バブル」へと連れてくるのでした。

実は、自分の就職先が危ない会社だと気づきながらも、前向きに進みたいという思いで、現実から目を逸らしていた龍子。

そんな龍子に、凪は「話を聞くことはできる」「友達だから」と優しく話しかけるのでした。

龍子の件が一件落着し「バブル」を去ろうとする慎二。

慎二は凪との関係を隠そうとしていましたが、龍子の発言から、慎二の元カノが凪であったことが、ママらにバレてしまいます。

一方、凪に合鍵を返されて以来、胸がチクっとする心境の変化に戸惑いを感じていたゴンは、緑からその胸の痛みは「初恋」だと教えられ、恋の辛さを味わい始めるのでした。

 

ドラマ『凪のお暇』第6話の感想

それでは、ドラマ『凪のお暇』第6話のツイッターの反応を見てみましょう!

人生リセットし、全てを捨てようとしたものの、過去を振り返ることができるようになってきた凪。

そして、悩む龍子に言った「空気は読むものじゃなくて吸って吐くもの」という言葉は、まさに名言!

胸につきささりました!

また、慎二のアドリブといい、撮影現場の楽しそうな雰囲気が作品にも伝わってきますね!

まとめ

龍子のことを気にかけることで、人に興味を示し始めた凪。

凪が少しづつ変わってきた様子を感じられますね!

円とのオフィスラブを楽しみながらも、凪のことを心配する慎二の姿もいじらしい!

そして、ついにママらが凪と慎二の関係を知ることに・・・。

一波乱ある予感・・・、期待で胸が膨らみます!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です