映画『カメラを止めるな!』ネタバレとあらすじ!

予算は控えめで俳優も無名なのに、いよいよ話題作となった本作『カメラを止めるな!』一体何がそんなに面白かったのか、ネタバレとあらすじを含めてご紹介いたします!

映画『カメラを止めるな!』映画情報

  • 公開 2017年
  • 監督 上田慎一郎
  • 出演 濱津隆 他

初めはわずかな激情でしか上映されていなかった本作は、話題が話題を呼びいよいよ全国公開となったのはご存知でしょうか?予算も少なく、俳優のほとんどが無名の本作の、一体何がそんなに話題を呼んだのでしょうか・・・!

それはこの映画の構成、見せ方のずばらしさかと思われます。

以下、あらすじとネタバレで詳しくご紹介いたします。

映画『カメラを止めるな!』あらすじ

「37分ぶっ続けのワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮影する為に、山奥に集まった撮影スタッフや俳優達でしたが、そこへ本物のゾンビが襲いかかる!

緊迫する雰囲気の中、監督は大喜びで撮影を続けるのですが。。。

映画『カメラを止めるな!』ネタバレ

あらすじ部分はこの映画のプロローグの様なもので、本編はその後です。

実はこの映画、前半に本物のワンカットワンシーンの37分を見せた後、後半にそのシーンがいかにして作られていったかと言う本編があるという構成なのです!つまり、初めの37分は映画の中の映画なのです。

後半がとても大切になっていて、とあるテレビ局から声をかけられた監督(濱津隆)が、テレビ局に出された「ワンカットワンシーンを生放送で!」というなかなか難しいテーマに沿って、ゾンビ映画を製作したというのが本編なのです。

その本編では、撮影中(しかも生放送中!)にあれやこれやと次々にアクシデントが起きるのですが、監督はあれもこれも上手に丸め込み撮影を続けます。

それがこの映画で有名なあのシーン「撮影は続ける、カメラを止めるな!」に二重で(映画の中の映画としても本編としても)表現されています。

撮影が終わった後の撮影クルー達の安堵感ったらないです。

映画『カメラを止めるな!』感想

話題につられて本作を拝見したのですが、正直に言いますと、俳優の演技はへたくそだし、カメラはぶれぶれだしで、はじめの30分が退屈で退屈で、何がそんなに話題になったのかさっぱりでした。

しかし30分を超えて間もなく、映画後半にさしかかった時に、ああこれだったのか!となりました!!

ですので、今回のネタバレは、あえてネタばれすぎない様、ぜひご覧になって「ああ!こういう事か!」を体験していただきたいと思い簡単な紹介とさせていただきました。

見所は、映画前半と後半の対比です。何がなんだか分からず観る前半、後半でああこれは!ああこのシーンは!とたくさんの発見があります。

観なくちゃ損!と言いたいくらい、映画好きの方にはぜひ見ていただきたい作品です!

ちまたでは、賛否両論別れた映画の様ですが、絶賛する人がとても多いのも事実です。わたしも、この作品はとても面白いと思ったし、見終わった後に、もう一度見たい!と思った作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です