紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

映画「ジョン・ウィック」アクション好き必見!!

 

「ジョン・ウィック」あらすじ

主人公は元凄腕の殺し屋。

平穏な結婚生活を送っていたジョンだったが5年前に最愛の妻ヘレンを病気で失う。

生きる希望を失っていたが、夫のために妻ヘレンは子犬を残していた。

子犬の存在はジョンにとって生きる希望になりつつあった。

しかし、その子犬もジョンの愛車フォードマスタングを狙った強盗に奪われてしまう。

強盗の正体はロシアマフィアの一大勢力であるボスの息子だった。

ジョンは再び裏社会へ戻ることになり、物語は始まる。

映画の見所

ジョンは過去にロシアマフィアのボス、ヴィゴに雇われていて、ヴィゴの組織の拡大のほとんどはジョンによるものであった。

ジョンの実力を知るヴィゴは手下たちにジョンの家を襲撃させるが、ジョンは案の定全員を返り討ちにする。(とにかく強すぎ!)

追い込まれたヴィゴはジョンの首に懸賞金200万ドルをかけて、殺し屋たちにジョンを狙わせる。

アクション映画にはよくある元凄腕の殺し屋の設定だが、ジョンや殺し屋たちが利用し、掟によって守られている「コンチネンタルホテル」がある。

そのホテルの中では、殺しを行なってはならない絶対の掟がある。

殺しを行なった物はジョンであれ、抹殺される。

この「コンチネンタルホテル」がこの映画のキーポイントであり、見所だ。

(後々ジョンはこのホテルの掟を破ることになる。)

映画好きにはたまらない設定になっている。

キャスト

主人公はジョン役はキアヌ・リーブス

数々の伝説を残した元殺し屋。裏社会で彼を知らないものはおらず、ブギーマンの異名で恐れられていた。

愛車はフォード・マスタング(これがまたカッコイイ)、しかしこれを奪いに来た強盗に妻が残してくれた愛犬デイジーを殺されたことで、裏社会への復帰を決意する。

ちなみにキアヌという名前はハワイ語で「山からの涼風」もしくは、「絶えず神の意識に集中するもの」という意味を持ち、叔父のヘンリー・キアヌ・リーブスにちなんでつけられたらしい。

ヴィンストン役のミカエル・ニクヴィスト

殺し屋たちも利用するホテル「コンチネンタルホテル」のオーナー、ヴィンストンはイアン・マクシェーン。

ホテルで殺しをおこなった場合は抹殺されるという厳しいルールがある。

裏社会に精通していて、ジョンの自宅に強盗に入ったヨセフの居場所をジョンに教えたのもヴィンストン。

最後の方には掟を破ったパーキンズを呼び出し、静粛する残酷な場面も。

感想

たくさんのアクション映画がある中でも、主人公ジョン・ウィックが圧倒的に強くて何度も見たくなる面白さです。

あまり感情を出さず、クールなところがまたイイですね。

また、今年の5月に新作が登場しました。(まだ見ていませんが、、、)絶対見ます。

アクション系映画はだいたい見てきましたが、その中でも上位に入る映画でした。

ぜひ一度見て、ハマってください!!

 

 

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です