ドラマ『私の嫌いな探偵』第三話のあらすじ・ネタバレ感想を紹介!

さて、二話で冤罪から助けた大学生の流平が鵜飼の助手になり、大家さんである二宮も殺人事件を

調べたいために鵜飼と行動を共にしていきます。

今回の3話でも鵜飼は不本意ながらある神社で殺人事件に巻き込まれてしまうのでした。

ドラマ『私の嫌いな探偵』第三話のあらすじ・ネタバレ

烏賊川市にある烏賊神神社の宮司である烏賊神権造より息子であるますみの恋人である梶本伊佐子の調査を引き受けた鵜飼。

その伊佐子は噂によると結婚詐欺師で息子が騙されているかの調査でした。

鵜飼がその神社で話を聞いていると急に悲鳴が。

悲鳴の主は巫女の美穂で「逆さまの祠で人が死んでる」といい、鵜飼とついて来ていた二宮は現場に向かうが死体が消えていました

不思議に思う鵜飼だったが、もう一度逆さまの祠に行くとなんとそこには調査対象の伊佐子の死体が。。

こうして鵜飼は調査から殺人事件に巻き込まれるのでした。

捜査を始めた鵜飼は烏賊神神社のマスコットキャラクターのイカンガーというイカの着ぐるみを見つけるといきなり、

「は、この事件みえた!」と言い、関係者を集めて謎解きへ。

鵜飼曰く「今回の犯人は伊佐子に結婚詐欺られた男で、復讐のために殺害。

トリックはそのイカの着ぐるみの中に伊佐子さんを引き寄せて、着ぐるみの中で殺害した!さあ、着ぐるみを脱いでみろ。脱いだらお前の罪は確定する。」と自信満々に言う。

着ぐるみを脱ぐと、なんと女性だった!
鵜飼は推理が外れたと分かると何も言わずどこかへ走り去ってしまいました。次の日、鵜飼が定食屋でイカを食べていると、情報屋の金蔵が「イカの頭はそっちじゃねえよ。」と突然鵜飼に言う。

鵜飼と二宮はいつもどおり、金で「みんなの思っているイカの頭と足は実は逆なんだ。」という事を聞き、その時鵜飼は目を閉じて何かを考え込む。

するとその時、「この事件みえた!!」と二度目の宣言。そして一同を再び集めてなぞ解きを始める。鵜飼この事件をややこしくしたのは権造さんだ。美穂さんが悲鳴を上げたとき、権造さんは逆さまの祠ではなく、もうひとつの烏賊様の祠を私たちに教えた。

そりゃ、死体なんてないはずです。

なぜ、嘘をついたのか。

それは権造さんの奥様のはなえさんが逆さまの祠に歩いていくのを見て、はなえさんが伊沙子さんを殺害したと勘違いしたからです。」

そしてこう続ける。

鵜飼「権造さんははなえさんを守るため、伊沙子さんの死体を逆さまの祠から烏賊神の祠に移動させた。はなえさんはやっていない。真犯人は、、、かすみさんです!弟のますみさんを騙そうとした伊沙子さんが許せずに殺害した!」

二宮「いやいや逆でしょ。かすみさんはますみさんが好きだから伊沙子さんを殺害したですよ。」

二宮の言うとおり、かすみはますみの事が好きだった。

こうして事件は解決して犯人のかすみさんが語ろうとしたその時、鵜飼「ああいいから。私犯人の語り聞かない派なんで。」と立ち去っていくのでした。

ドラマ『私の嫌いな探偵』3話まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。ドラマ『私の嫌いな探偵』3話でした。

今回も殺人事件が嫌いな鵜飼は不本意ながらも殺人事件に巻き込まれ、解決しましたね。

相変わらず、鵜飼の推理力の高さには関心しますがそれとは反対に大家さんの二宮の当たらない推理もある意味凄いです。

さて、次はどんな事件が鵜飼を待ち構えているのか。次回も注目です!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です