映画『セブンシスターズ』ネタバレとあらすじ!感想と評価も!

近未来が舞台となっている本作、原題『What happened to Monday 』。見どころや気になる評価は?あらすじとネタバレも合わせてどうぞ!

映画『セブンシスターズ』映画情報

  • 公開 2017年
  • 監督 トミー・ウィルコラ
  • 出演 ノオミ・ラパス グレン・クローズ ウィレム・デフォー

原題である『What happened to Monday』=月曜日に一体何が?が、とてもキーワードとなっています!(なぜ、セブンシスターズにしてしまったのでしょうか 笑)

映画『セブンシスターズ』あらすじ

時は21世紀半ば、そこではヨーロッパ連邦が主要国となっていました。異常気象によって育たない作物のため、遺伝子組み換え作物が主流になる中、その影響で多生児が増え人口過多となり、いよいよひとりっ子政策を打ち出した政府は、児童分配局という組織を持ち、ふたり目以上の子供を冷凍保存するといいほとんど無理やり子供を親から引き離して拘束してしまうような世の中でした。

そんな世界で生まれた7つ子の「カレン・セットマン」(ノオミ・ラパス)は、それぞれ月曜日から日曜日までの名前を持ち、自分の名前の曜日に外へ出るという決まりで、性格の違う7人がひとりの人として生きていくこととなりました。

うまく児童分配局を欺いてきた彼女達でしたが、30歳を迎えていた2073年のある月曜日の夜、マンデーが家に帰ってこなかったのです!

不安に思う残された6人のカレン、いったいマンデーに何があったのでしょうか。。。

映画『セブンシスターズ』ネタバレ

なんとマンデーには恋人がいて、さらに妊娠もしていました!

各曜日の彼女たちは、1日の出来事を共有することで、なんとかやり過ごしてきたのですが、マンデーは、恋人とは月曜日にしか会わないようにうまいことやっていた為、他の曜日のカレン達はそれを知りませんでした。

そしてマンデーは、身ごもった子供を守るために、さらに「たったひとりのカレン」になるために、他のカレンの情報を児童分配局に売っていたのです。

そんなこととは知らず、マンデーを探しに出かけるチューズデーですが、彼女も出かけたっきり帰ってこなくなってしまいます。残されたカレン達は胸がドキドキです。

そんなカレン達の秘密の住処に何者かが突撃してきます。もう次々とカレンが死んでしまい、いよいよ残ったのはサーズデーただひとりです。彼女はなんとかマンデーの居そうな児童分配局に乗り込むと、囚われていたチューズデーを発見します。

そしてサーズデーはチューズデーと共に、児童分配局が謳っていた「子供達は安心な未来まで冷凍保存」というのは大嘘で、子供達はみんな焼却されているというとんでもない事実を知ってしまうのです!

ちょうど同じ日、児童分配局ではその社会的貢献度を祝うセレモニーが行われていました。ふたりはそのセレモニーで児童分配局の秘密を大暴露!会場に集まった来賓の方々は顔面蒼白です。

そしてここへあのマンデーが現れます。「たったひとりのカレンになりたかったの!」と嘆くマンデーでしたが、銃撃戦によって死亡してしまいました。。。

しかし、お腹の子供は助かり、チューズデーとサーズデーの2人が育てることになり、そして先の児童分配局の大噓は世間にも公表され、ひとりっ子政策は廃止となり、世の中は少し明るくなりそうな雰囲気で映画は終了です。

映画『セブンシスターズ』感想

こんなディストピアありますか?人類がもうちょっとおっちょこちょいだったら、あったかもしれませんね、怖いです。。。

そして何より本作での、ノオミ・ラパスさんのひとり7役が素晴らしかったです!本当に7つ子なのでは?と思うくらい、ひとりひとりの個性がしっかり出てました。演技の経験がないので予想の範囲を出ませんが、ひとりで個性的な7役をこなすのってきっと難しいですよね!

それから、「たったひとりのカレン」になりたいマンデーの気持ちは、わたしたちの日常がいかに素晴らしいものかを思い知らせてくれました。

現代では、人はみんな「たったひとり」ですから、それって素晴らしいことなんですね。わたしがわたしである事に感謝します!

ところで、わたしは普段こういったアクション映画はあまり見ないし、特に好まないのですが、本作は忘れた頃にもう一度見たいなと思いました。

映画『セブンシスターズ』評価

 

評価は、、、☆4つです!(☆5満点中)

ディストピアな設定はとても面白いのですが、内容が少し間延びするところがあり(出だしと、マンデーが消えたあたり)、退屈になります。もっとシンプルにスムーズにリズミカルに、お話を進めればより良いのにと思いました。

しかしながら、このバイオレンスで少々スプラッターな感じをコミカルに表現され、きちんとまとめられていたのには脱帽です。バイオレンスもスプラッターも苦手なわたしでもしっかり見れました。(包丁で指を切るシーンはしっかり耳を塞いでしっかり目を閉じたけれど)

あとはやっぱり、ノオミさんの演技が一番の見どころでして、わたしは本作で初めて彼女を知り、同じくノオミさん主演の映画『ラプチャー』も見たのですが、緊迫するシーンはやっぱり素晴らしいものでした。(でもこれまた苦手な分野だったので、途中で見るのをやめた)

ということで、ストーリーと彼女に☆2つずつです〜

同監督の『ヘンゼルとグレーテル』は、まだ見てないので見てみたいなあ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です