映画『ガタカ』ネタバレとあらすじ!感想と評価、解説と考察も!

映画好きには名言が多くてたまらないこちらの作品、まさに名作の逸品です!あらすじとネタバレをサラッと紹介!個人的な評価と解説や考察もいたします!

映画『ガタカ』映画情報

  • 公開 1997年
  • 監督 アンドリュー・ニコル
  • 出演 イーサン・ホーク ユマ・サーマン ジュード・ロウ

言わずと知れた本名作『ガタカ』。クレジットで強調されるG・A・T・Cの文字は、DNAの基礎塩基である事は有名ですよね。

本作を見ていない方、ネタバレを見てからでも絶対楽しめます。たかがネタバレごときで揺るがない面白さ・奥深さのある素晴らしい映画なのです。

それでは、へたくそながらも熱烈に紹介しますので覚悟してくださいね!

映画『ガタカ』あらすじとネタバレ

近未来の地球。この世界では、生まれてくる人間の遺伝子操作が可能となっていました。遺伝子操作によって優秀な遺伝子を持ち生まれてきたものを『適正者』そうでないものを『不適正者』と呼び、優劣がついている世界です。

そんな世界に『不適正者』として生まれてきたヴィンセント(イーサン・ホーク)ですが、彼の夢は宇宙飛行士になる事です。小さい頃から夢に向かって一生懸命に勉強や体作りに取り組んできた彼ですが『不適正者』故に体が弱く、やっぱり真面目には夢は叶いそうにありません。そこで彼は奥の手を使って『適正者』であるジェローム(ジュード・ロウ)のDNAを買いジェロームになりきり、宇宙局ガタカに乗り込む事に成功するのです。

ジェロームはもともと優秀な水泳選手だったのですが、常に金メダルを取り続け周りからのプレッシャーもあり、そんな自分に疲れて自殺を図ったところ失敗し、下半身不随となってしまった人物です。彼はとても優秀な遺伝子の持ち主なのです。そして彼らは、DNA(生体id)のギブアンドテイクによって繋がり、やがて友情という絆で繋がれていきます。

そして宇宙局ガタカに入局したヴィンセントには素敵な恋人・アイリーン(ユマ・サーマン)ができます。しかし彼女と過ごすときも『不適正者』である事がばれない様に気の抜けないヴィンセントの姿がありました。

そんなある日、宇宙局ガタカで殺人事件が起こりますそこで見つかったのはなんとヴィンセントのDNA(まつげ)でした。ガタカに出入りできるはずの無い『不適正者』のDNAが出た事により、犯人は彼だと断定する警察は、彼の家へと向かいますがそこにいるのは本物のジェロームです。それでも、なんとか乗り切ったヴィンセントとジェロームでしたが、なんと警察の中にヴィンセントの弟・アントンがいました。ガタカにいるヴィンセントに嫉妬したアントンは、不正を摘発する!と言いますが、彼らは子供の頃の様に水泳対決で決着をつけます。そして、これまで努力をしてきた『不適正者』のヴィンセントが『適正者』の弟に勝つのです!そして事件は、真犯人が捕まり収束しました。

そしていよいよ映画の終盤です。

火星へと旅立つヴィンセントに予定に無かったDNA検査が襲いかかります。検査の結果はもちろん『不適正者』。しかし、彼の検査を担当した博士が「きみは希望だ」と言って結果を書き換えてくれたのです!なんとか宇宙に旅立ったヴィンセントは、手元にジェロームから預かった毛髪入りの包み紙を持ち、静かに涙します。一方地球ではたくさんのDNA(血液や尿)を残して、ジェエロームは完全にこの世を去っていました。

映画『ガタカ』感想と評価

『ガタカ』は、わたしにとって、とても衝撃を受けた映画の1つです。

わたしが初めて見たのは、20歳になったばかりの頃、同じく映画好きの友達に勧められたことがきっかけでした。

友達に、「まだ見てないの、絶対見た方が良いよ。」と言われて、作品名を聞いたことはあるけれどそんなに良い映画なのかい?と半信半疑でみたのですが、その頃、夢や希望でいっぱいだったわたしにはとても刺激的でした。

この映画には、今でも見るタイミングを選んでしまうような、魂を震わす刺激があると思っています。

というのも、わたしは大抵映画を見るときは、登場人物の誰かの気持ちに共感して「切ない」とか「嬉しい」とか「頑張るぞ」みたいに感情が湧き出てくるのですが、『ガタカ』を見終わったあとは、何に共感したわけでもなく不思議と涙が出てしまうのです。

自分でも、どの感情が動いたのか分からないのです。でも、そんな映画です。

評価はもちろん☆5つです(5点満点中の大満点!もっと☆いっぱいあげたい!!!)

全体のムードが素晴らしい映画です。そのセリフも、出演者の表情も音響も、何もかもすべてが映画『ガタカ』を成立させています。温度感が良いのです。映画として成立しすぎていて、もっとここがこうならとかそんな文句の付け様が無い素晴らしさです。

みていない方には、ぜひ見て欲しいです。みなくちゃ損します。(たぶん)

ちなみに、この映画の衣装はとてもかわいいです!そこがわたしの一番のお気に入りポイントです〜!

映画『ガタカ』解説と考察

わたしは賢い方ではないので、難しいことはわかりません。わたしなりの解説と考察ですのでどうかお手柔らかにお願いしますね。 笑

映画の軸となる、「適正者」と「不適正者」ですが、適正者が計算されて生まれ、社会的優位に立っているのに対し、自然妊娠によって生まれたものは劣っているというところについてですが、わたしは自然妊娠は愛の象徴と考えています。だからこそ「神の子」と言う別の呼び方もあるのではないでしょうか?

実際に、適正者は試験管から生まれますが、不適正者は母の胎動に宿ります。聖書のマリア様に象徴されるように、母の愛は地球上で最も無償の愛であるのでしょう。

そして、何をしても優秀な適正者には、きっと夢とか希望とか(もしかしたら真の愛とか)、そんな超人間的な感覚はなくて、不適正者の持つ夢や希望(そして色々な種類の愛)といった不確実なものに、憧れさえあったのではないかな、と思います。だから、ジェロームは彼の「旅に出たい」という夢・気持ちを、宇宙に旅立つヴィンセントに託したのかなと考察します。「無重力は母親の胎内に近い」と言う発言もありましたよね。ついでに、自殺したのは肉体からの解放かなと推察しています。

夢や希望は、いつの時代も愛が生み出すものなのかもしれないですね〜。

ところで、ヴィンセントは初めからずっと地球を出たがっていたわけですが、これもまた本来の人間らしさと思いました。未知なるものへの探究心と言いますか。そして最後、いよいよ地球を出た時の顔ったら無いですよね。人間って本当に複雑な生き物ですね。

見る人によって、考察や感動の種類が異なるのも、この映画の魅力かなと思います。おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です