映画『去年の冬、きみと別れ』ネタベレとあらすじ!感想と評価も!

映画『去年の冬、きみと別れ』映画情報

  • 公開 2018年
  • 監督 瀧本智行
  • 原作 中村文則
  • 出演 岩田剛典 山本美月 斎藤工 他

大どんでん返しだらけの本作!これから見る方はネタバレは鑑賞後がオススメですよ!

映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじ

フリーライターの耶雲恭介(岩田剛典)には婚約を控えた恋人・松田百合子(山本美月)がいました。

自分の力を試したいと、過去に起きたモデル焼死事件を調べはじめたキョウスケは、その事件の加害者とされ裁判で無罪になった天才カメラマンと言われる写真家・木原坂雄大(斎藤工)に近づきます。

編集者の小林(北村一輝)は、木原坂に近付きすぎるなと忠告するのですが、何かに取り憑かれたように熱心に取材を続けるキョウスケです。そして木原坂の狂気はいよいよキョウスケの婚約者・ユリコにまで及んでしまい。。。

映画『去年の冬、きみと別れ』ネタバレ

数年前、キョウスケはフリーライターではなく、本を書く人でした。売れてはいなかったものの当時の恋人・吉岡亜希子は彼の本がとても好きでした。アキコは盲目だったのですが、ある日ちょっと怪我をします。それからというもののキョウスケはアキコが心配ですっかり自分のことはほったらかし、アキコの様子を見守る為に、まるでストーカーの様にアキコを監視します。そんな彼にうんざりしたアキコは彼の前から消えてしまうのでした。

しかしアキコが消えた本当の理由が、過去のモデル焼死事件にあります。この時、亡くなったモデルがアキコだったのでした。

そして事件の全ての真相を知り、悲しみに暮れたキョウスケは復讐を企てるのですが、こんな事する化け物は君(アキコ)の恋人にふさわしくない=「去年の冬、君と別れ」という訳です。

過去のモデル焼死事件の概要

幼い頃に父親から虐待を受けていた木原坂雄大と姉・朱里の2人は姉弟らしからぬ歪な関係にありました。そして2人の父は不審な死を遂げます。そして、大人になってからもふたりはその関係を続けていました。

写真家として大成しない木原坂の為に、朱里はモデル・アキコを呼び木原坂の前でアキコに火を放ちます。そこには無心で写真を撮る木原坂の姿がありました。

一方、朱里と関係を持っていたのが小林でした。彼は事件の概要を知っていたし、木原坂姉弟の父を殺害した犯人でもありました。

そして復讐

全ての真相を知ったキョウスケは、木原坂・朱里・小林の3人に復讐する計画を企てます。ここがこの映画の醍醐味ですね!

まずキョウスケは復讐するにあたって、自殺サイトで死にたがっている女性を探します。これが山本美月が演じるユリコです。ユリコに木原坂姉弟の魔の手が降り掛かるのを、あらかじめ計算して彼女を初めからおとりにするつもりだったのです。そしてユリコもそれに了承していたのです。

キョウスケの罠とは知らずに、ユリコを監禁し、過去の事件のように再び火が放たれます。しかしこの時のモデルはユリコではなく朱里です。朱里とは知らずに写真を撮る木原坂、愛する朱里が燃えていく小林、という構図ですね。3人はまんまと罠にかかり、復讐大成功です。

映画『去年の冬、きみと別れ』感想と評価

一体どういうことなんだ?という疑問が映画の中盤からリズムよく明らかになり、見た後にはスッキリ爽快でした。なんで?が残らないスッキリ映画です!

見た後にスッキリするミステリー映画はクセになりますね。内容をすっかり忘れた頃にもう一度みてスッキリしたいです〜

個人的に、山本美月さんは演技がへたくそなイメージがあったのですが、本作でその誤解が解けました!もう一つ解けた誤解は、岩田剛典さんもただのアイドルではなく、立派な俳優さんに昇格ということです!

そして、原作者の中村文則さんは、やはりさすが芥川賞作家ですね。ストーリー各所に散りばめられた伏線の多さと、最後の回収まで、よくできていてすごいなと思いました。こ難しく思える内容も、頭の弱い私でも分かりやすかったです!笑

そして、映画と原作の小説では、ほとんどストーリーが変わらないものの、鑑賞者を騙す「トリック」が少し違うようです。

映画には見えるからこそのトリックが、小説では見えないからこそのトリックが仕掛けられているようなのです!小説も読みたくねりますね。。。!

というわけで、今回はストーリーの面白さに☆4つです。とても面白い映画でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です