紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

映画『寝ても覚めても』ネタバレとあらすじ!ちょっと辛口な感想も!

映画『寝ても覚めても』映画情報

  • 公開 2018年
  • 原作 柴崎友香
  • 監督 濱口竜介
  • 出演 東出昌大 唐田えりか 他

芥川賞作家・柴崎智香さん原作の本作。東出昌大さんの一人二役も見逃せません!

映画『寝ても覚めても』あらすじ

大阪から上京し、コーヒーショップで働くアサコ(唐田えりか)は、ある日、向かいのビルにコーヒーを届けに行きました。そこにいたのは、2年前に突然消えてしまった恋人・バク(東出昌大)とそっくりな顔をしたサラリーマンのリョウヘイ(東出昌大)だったのでした。

バクとのあまりの近似に戸惑うアサコと、アサコに惹かれていくリョウヘイ。やがてリョウヘイの猛アタックにより2人は付き合うことになり、5年後には同棲していました。アサコの気持ちはもう決まっていると思っていたのですが。。。

映画『寝ても覚めても』ネタバレ

同棲してからも、リョウヘイが過去の恋人・バクにとても似ているという秘密を言えずにいたアサコでしたが、バクがモデルとして有名になったことや、過去のアサコの言動によって、リョウヘイはもうそれに気づいていたのでした。

アサコはそのリョウヘイの気持ちを知り、顔じゃない、リョウヘイが好きと伝えます。

いよいよふたりは結婚へという時に、なんと突然バクが現れるのです!迎えに来たよと言わんばかりにアサコを連れ去るバクと、迷いなく着いて行ってしまったアサコ、そして怒り悲しむリョウヘイです。

バクとアサコは夢の中にいるかのようにどこまでもドライブに行きますが、ふとアサコは目を覚まし、リョウヘイのいる家へと帰るのです。

そしてリョウヘイは、そんなアサコへ怒りを露わにしつつ、受け入れるのでした。

映画『寝ても覚めても』感想

少々、現実離れしすぎた内容にう〜ん。。。?となりながらも、東出昌大さんの素敵なルックスに騙されながら最後まで見ました。

台詞やその間の感じ、俳優の空気感はとても素晴らしかったです。でも、もしかしたら原作の方が面白いのかも?とも思いました。アサコの揺れる気持ちとか、愛って好きって何だろう?見えてるものと感じることの真理は?みたいな文章での空気感を映像で表現するのが難しかったのでは?と考察。

とは言いつつ、わたしは原作を読んだことはないのですが、特に読んでみたい!とも思いませんでした。というのも、この作品のテーマはこういった簡単なストーリーでは表しきれないのではないだろうかと思ったからです。そしてこれがこの映画の、薄っぺらな感じに繋がってしまったのかなとも思いました。(超辛口)

しかしながら、東出さんは一人二役をしゃんと演じていて、これが一番の見所だったと思います。特にバク役の時の、つかみどころのない少年感が素敵でした。

こんな恋人がいたら、きっといつまでも忘れられないよなあ。大好きだった人と、顔が同じだったらそりゃこうなっちゃうかもなあ。と、切ないようなぎゅうっとした恋の気持ちが最後に残る映画です。

あと、個人的にとても好きなバンド「黒猫チェルシー」のフロントマン・渡辺大知くんも出演しているのですが、これがまた難しそうな役をこなしていて、この人は!何やっても!天才か!と、惚れ直しました◎笑

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です