映画『ひるなかの流星』のネタバレとあらすじ、感想、評価を紹介!

シリーズ累計発行部数250万部以上のやまもり三香による大人気漫画『ひるなかの流星』の映画化として期待を集めた映画『ひるなかの流星』

本作が映画初主演となる主人公・与謝野すずめ役の永野芽郁さん、すずめの担任ですずめが初恋に落ちる獅子尾五月役の三浦翔平さん、すずめに想いを寄せるクラスメイト・馬村大輝役の白濱亜嵐さんの織り成す、切ない三角関係が見どころです。

早速、映画『ひるなかの流星』のあらすじネタバレと感想、評価をご紹介します!

映画『ひるなかの流星』のあらすじとネタバレ

運命の出会い

 

 

両親の海外赴任の都合で、1人上京した与謝野すずめ(永野芽郁)

ところが、上京初日、道に迷ってしまったすずめは、すずめの叔父・熊本諭吉(佐藤隆太)の店の常連客・獅子尾五月(三浦翔平)に助けられます。

実は、獅子尾はすずめの担任で、登校初日、転校してきたばかりのすずめを気にかけます。

そして、友達ができるか心配していたすずめでしたが、勇気を出して隣の席の女子が苦手な馬村大輝(白濱亜嵐)「友達になってください」と握手を求めるのでした

翌日、教室で、馬村と親しげに話すすずめ。

そんなすずめの様子を複雑な想いで見つめている猫田ゆゆか(山本舞香)は、すずめを移動教室のグループに誘い、すずめ、ゆゆか、馬村らは同じグループになります。

友情の芽生え

 

 

移動教室当日、馬村に全く相手にされないゆゆかは、すずめにちょっとした嘘をついてしまいます。

ゆゆかに騙され、山道で迷子になってしまったすずめを馬村が助けに来ますが、足を滑らせ、2人は帰り道がわからなくなってしまいます。

すると、突然雨が・・・。

雨宿りする中、体調が悪くなってしまったすずめ。

すると、獅子尾が現れ、すずめらは無事に助けられるのでした。

ゆゆかを呼び出し、移動教室での嘘について問いつめるすずめは、地元の友達の悪口を言われたことに腹を立て、ゆゆかにビンタを食らわせます。

そして、取っ組み合いの喧嘩になった2人。

激しくぶつかり合った2人ですが、すずめはゆゆかの馬村への恋心を知ると、2人は徐々に距離を縮めていきます。

ゆゆかにメイクをしてもらい、見違える程かわいくなったすずめは、獅子尾に恋に落ちたことを感じるのでした。

募る恋心

 

 

獅子尾と買い出しに行ったすずめは、福引で水族館のチケットを当てようと張り切りますが、外れてしまいます。

その帰り道、成り行きで獅子尾と手を繋ぐことになったすずめは、つかの間の2人の時間を楽しむのでした。

獅子尾への恋心を募らせるすずめは、学校で、獅子尾と目が合って笑いかけてもらい喜びます。

ところが、そんなすずめに、突然馬村は頬にキスをします。

戸惑うすずめは、ゆゆかに馬村との出来事を話すことができないのでした。

交錯する想い

 

 

クリスマス当日、プレゼントを用意したにも関わらず、獅子尾と会う約束をしていなかったすずめ。

ゆゆかの後押しもあり、すずめは獅子尾に会いたいと連絡するも、仕事があるからと断られてしまいます。

落ち込むすずめを見かねた馬村は、すずめをイルミネーションに連れ出します。

そして、すずめが誕生日だと知った馬村は、「俺が祝ってやる」と、すずめに自分のマフラーを巻いてあげます。

ところが、その時、獅子尾から連絡があり、すずめは喜びますが、その様子を見て馬村は落胆するのでした。

獅子尾から水族館のチケットをもらったすずめは、翌日2人で水族館に行くことを約束します。

その帰り道、すずめと獅子尾が一緒にいるところを見かけた諭吉は、獅子尾を呼び出し牽制します。

翌日、馬村に「生徒をたぶらかして」と掴みかかれた獅子尾。

終業式後、すずめに告白され「私の事好きじゃないのか」と尋ねられた獅子尾は「好きじゃなかった、ごめん」と、はっきり告げるのでした。

馬村に泣きながら獅子尾にフラれたことを話したすずめは、馬村から「俺の事好きになればいいのに」と抱きしめられます。

その現場をゆゆかに目撃されてしまったすずめは、ゆゆかを怒らせ、傷つけてしまうのでした。

正月、地元に戻ったすずめは、新学期が始まってからも地元で過ごしていました。

そんなすずめの元に、馬村とゆゆかが訪れます。

馬村に告白しフラれていたゆゆかは、すずめと本音をぶつけ合い、無事に仲直りします。

眠れない夜を過ごすすずめと馬村は、終業式での出来事について謝り、学校に来るよう伝えるのでした。

そして、3年生に・・・

 

 

再び学校に通うようになり、3年になったすずめら。

1年の間で人気が出た馬村の様子が気になるすずめは、馬村の偽彼女になることを申し出ます。

教室では、その申し出を断った馬村でしたが、獅子尾にすずめと付き合っていると宣言し、すずめは偽彼女役を引き受けることに・・・。

偽彼女役のおかげで1年の取り巻きもいなくなり、お礼として水族館に行くことになったすずめと馬村。

大はしゃぎのすずめを見て、馬村は愛おしそうに微笑みます。

その帰り道、馬村から改めて告白されたすずめは、翌日「全力で馬村に向く努力をする」と返事をし、2人は付き合い始めるのでした。

運動会が近づき、クラス対抗リレーの選手に選ばれた馬村。

そんな馬村のためにハチマキに刺繍をするすずめを、獅子尾は思わず抱きしめます。

運動会当日、クラス対抗リレーでアンカーを務めることになった獅子尾と馬村は、すずめを巡りお互いに闘志を燃やします。

接戦の末、見事、馬村が勝利をおさめるも、すずめの視線の先には獅子尾が・・・。

そんなすずめを見て、馬村は複雑な想いを抱くのでした。

すずめの答え

 

 

馬村を誘い、特別講習に参加したすずめ。

すずめは馬村と2人きりになるも、微妙な空気が流れます。

そんな中、ひょんなことで、すずめは獅子尾が事故に遭ったことを知り、動揺します。

そんなすずめを優しく抱きしめた馬村は、獅子尾の元に向かうよう、すずめの背中を押します。

病院に着いたすずめは、獅子尾の無事を確認し安心します。

そして、すずめのことが好きだと言う獅子尾に、すずめは「先生のこと好きでした」「今大切にしたいのは先生じゃない」と本心を伝えるのでした。

獅子尾への気持ちに向き合い、ケリをつけたすずめ。

落ち込む馬村の元に戻ったすずめは「馬村が好き」「馬村を幸せにする」と告白します。

そんなすずめに、馬村は優しくキスをするのでした。

映画『ひるなかの流星』の感想・評価

すずめと獅子尾、馬村の三角関係にキュンキュンした声が多数!

そして、やはりネット上でも獅子尾派と馬村派に分かれていたようです。

大人の雰囲気を醸し出す獅子尾と赤面症で女の子に免疫のない馬村。

どちらもそれぞれ魅力があって選べない!!!

すずめの決断を応援したいですね!

また、すずめとゆゆかが少しずつ友情を育む姿も心温まりました。

誰もが通る初恋を爽やかに描いた見ごたえのある作品でした!

まとめ

恋に落ちたすずめの姿は本当にかわいい!

獅子尾のような素敵な先生と馬村のようなイケメンクラスメイトがいるすずめが羨ましい!

本作を見て、キュンキュンしながら、妄想を膨らませたのは、私だけではないはず・・・。

恋をしたい方、キュンとしたい方にはおすすめの作品です。

大人気の原作漫画もあわせてチェックしたいですね!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です