映画『火花』のネタバレとあらすじ、感想、評価を紹介!

お笑いタレントの又吉直樹さんによる第153回芥川龍之介賞受賞作の小説『火花』の映画化として注目を集めた映画『火花』

主人公の売れない若手芸人・徳永役の菅田将暉さん、徳永が憧れを抱く奇抜な笑いの天才・神谷役の桐谷健太さんなど、豪華キャストに加え、俳優としても活躍中の板尾創路さんがメガホンを握ることでも話題となりました。

ドラマ化、舞台化、漫画化もされている人気小説の映画化『火花』のあらすじネタバレと感想を紹介します!

映画『火花』のあらすじとネタバレ

出会い

 

 

売れないお笑いコンビ「スパークス」徳永(菅田将暉)山下(川谷修士)

ある日、「スパークス」は熱海の花火大会のステージでネタを披露するも、観客から野次を飛ばされ、中途半端にステージを降りてしまいます。

そんな徳永らに「カタキを取ってやる」とステージに立った「あほんだら」神谷(桐谷健太)は、観客にケンカを売るのでした。

そんな神谷の常識にとらわれない漫才に、徳永は心惹かれるのでした。

その帰り、神谷と飲みに行った徳永は、神谷に弟子入りを志願します。

すると、神谷は「伝記を作る」ことを条件に、徳永の弟子入りを認めるのでした。

1年後、2002年。

大阪の大手事務所に所属する神谷と東京で活動する徳永は、滅多に会うことはありませんでしたが、頻繁に電話で連絡を取り合っていました。

「スパークス」は、相変わらず鳴かず飛ばずの人気で、小さな劇場への出演を決めるために、月に1度、オーディションを受ける日々を送っていました。

そして、オーディションで、審査員から厳しい言葉を浴びせられた2人は、テレビで活躍する一部の同年代の芸人に嫉妬し、焦りを募らせていくのでした。

再会

 

 

徳永と神谷の出会いから2年以上が過ぎ、大阪での活動に限界を感じた神谷が、東京に拠点を移すことになり、2人は再会を果たします。

そして、公園を散策中、初めて見る楽器を打ち鳴らす男性に興味を持ち、そのリズムに合わせて踊り歌い狂う神谷。

そんな破天荒な神谷の行動に、徳永は驚くも、その笑いのセンスに心揺さぶられるのでした。

その夜、酔っ払い無理矢理神谷の家に連れて行かれた徳永は、真樹(木村文乃)と出会います。

2004年。

「スパークス」の人気は相変わらずの中、吉祥寺界隈をさまよい歩き、語り明かす日々を過ごす神谷と徳永。

そんなある日、神谷と真樹と共に食事をする徳永は、2人に貧乏だった幼い頃の思い出を語ります。

すると、神谷は「お前にしか作れない笑いがある」と、徳永を励ますのでした。

苦難の時期

 

 

渋谷オールスター祭に参加した「スパークス」と「あほんだら」。

そこで1位を獲得したのは、徳永が苦手なタイプのピン芸人・鹿谷(加藤諒)

「スパークス」は6位、「あほんだら」は4位という結果に終わるのでした。

思うように結果を出せず、思い悩む徳永と山下は、ネタ合わせ中、険悪な雰囲気に・・・。

すると、神谷に電話をした徳永は、神谷の冗談のおかげで、冷静さを取り戻すのでした。

ある日、真樹に新しい男(高橋努)ができたため、真樹の部屋を出ることになった神谷。

そして、真樹の部屋に荷物を取りに行く神谷は、同行してもらった徳永に、無理難題を押し付けます。

徳永のおかげで、神谷は明るく真樹に別れを告げることができたのでした。

人気上昇と低迷

 

 

髪を銀色に染めた徳永。

この頃、「スパークス」は少しずつテレビにも出演するようになり、都内だけでなく、地方の学園祭にも呼ばれるようになり、一時のブレイクをかみしめていました。

2008年。

新春漫才バトルロワイヤルに出場した「スパークス」と「あほんだら」。

「あほんだら」は、独創的なネタで会場を沸かせますが、審査員からは厳しい評価を受けます。

一方、徐々にテレビの仕事が減ってきた「スパークス」。

すると、山下は、神谷に影響を受け、世間に受ける面白さがなくなってきた徳永に対して、苦言を呈します。

2人の間の溝が徐々に深くなっていくのでした。

2009年。

神谷の相方・大林(三浦誠己)から、神谷が多額の借金をしていることを知らされた徳永。

そして、久しぶりに会った神谷が、自分の髪型や服装を真似て、信念を曲げてしまっている現状に、徳永は怒りをぶつけるのでした。

解散

 

 

2010年。

ついに山下は、芸人を辞めることを徳永に切り出します。

彼女が妊娠した山下は、産まれてくる子供のために、新しい道に進むことを決心したのでした。

その頃、事務所に解散を報告した徳永は、神谷と疎遠になっていました。

そして、徳永は、10年続けた仕事に終止符を打つために、最後のステージに立ちます。

暴言を吐きながらも、相方・山下への想い、観客への感謝を涙ながらに伝える徳永。

徳永の熱い想いを聞いた山下と観客は、涙を流し、「スパークス」は最後のステージを後にするのでした。

その後

 

 

2012年。

不動産屋で働き始めた徳永。

久しぶりに神谷と再会した徳永は、神谷が借金が膨らみ自己破産し、面白さを追求するため、豊胸手術を受けたことを知ります。

変わり果てた神谷の姿を見た徳永は、神谷に厳しい言葉を投げかけます。

そして、2人が出会った熱海の花火大会に向かった徳永と神谷。

花火大会の帰り、10年前にも立ち寄った居酒屋で、神谷はお笑いに対する熱い想いを語り、一緒に漫才をしようと徳永を誘うのでした。

映画『火花』の感想・評価

それでは、映画『火花』のツイッターの反応を見てみましょう!

お笑い芸人という夢を追いかける若者達の青春ストーリーに涙したという声が多数!

笑いに対する信念とセンスを持ちながらも、世間からは受け入れられず壊れていく神谷。

理想と現実のギャップに悩み夢を諦めた徳永。

2人の生き方に触れることで、いろいろ考えさせられる深い意味のある作品でした。

特に「スパークス」の最後のステージは、見ごたえ十分!

夢破れて去っていく徳永の熱い想いがつまっていて、思わず観客と一緒に拍手してしまいました。

ぜひ注目して観ていただきたいシーンです!

まとめ

自らの笑いを貫こうともがく徳永と神谷の姿がとてもリアル!

夢を追った経験がある人なら、つい感情移入してしまうと思います。

また、 菅田将暉さんと桐谷健太さんの主題歌「浅草キッド」も、とにかくいい!

さらに、ネット上では、原作の小説はもちろん、ドラマも高く評価する声が多数でした。

私もドラマ版は以前観たことがあり、内容を比較しながら映画を観ることができ、2倍楽しめました。

小説、映画、ドラマ全てをお勧めしたい作品です!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です