紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第2話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

ついに始まった話題のアンストッパブル・ミステリードラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』

「碓氷薫殺害事件」の容疑者として同僚から疑いの目を向けられるも、記憶喪失で何も覚えていないという危機的状況に陥った主人公・遊佐清春

さらに、身に覚えがないにも関わらず、清春の家に、殺害事件と深い関わりがある「十億円強奪事件」の証拠品が・・・。

そして、警察に家を取り囲まれ、絶体絶命のピンチを迎えた清春。

果たして、清春はこのピンチをどのように切り抜けるのか!?

それでは、期待高まるドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

また、第1話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

事件解明のヒントとなる情報も記載していますので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第1話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第2話のあらすじ・ネタバレ

碓氷薫(広末涼子)殺害の容疑を向けられた遊佐清春(賀来賢人)

そんな中、理事官・本城諭(篠井英介)率いる警察は、薫殺害に繋がる証拠があるというタレコミを基に、清春の家宅捜索を行います。

ところが、証拠品は発見されず、仕方なく、本城は清春の部屋を後にします。

清春は、隠し部屋に「十億円強奪事件」の計画書と拳銃を隠し、さらに、部屋に仕込んだ隠しカメラにより、本城が証拠を捏造していた事を突き止めます。

そして、清春は、十億円の隠し場所を見つけ出し、横取りを目論むのでした。

 

 

「十億円強奪事件」の黒幕は本城だと考えた清春は、捜査会議でタレコミの出所を迫ります。

すると、捜査一課長・南武修介(北村一輝)は、タレコミの内容から、通報者が警察関係者だと考えられる事を説明します。

そして、生前、薫が独自の調査で「十億円強奪事件」に警察関係者が関与している事を突き止め、さらに見つけ出した十億円を別の場所に隠した事から、南武は「薫殺害事件」と「十億円強奪事件」に関連があると考えているのでした。

 

 

「十億円強奪事件」を追い始めた碓氷班と公安部の才門要(井浦新)

事件の計画書と警察の資料から、ハッキング担当の上岡竜彦がベルムズの人間だと知った清春は、そこから、本城の娘・本城芹奈(佐久間由衣)との繋がりにたどり着きます。

そして、芹奈に接触した清春は、本城と「十億円強奪事件」の関係を問いただすも、芹奈は薫に全て話したと、口を開きませんでした。

 

 

その頃、「十億円強奪事件」の黒幕ではないものの、事件に関与している本城は、再捜査が始まり、さらに何者かに脅迫され、焦りから破滅への道を辿っていました。

一方、清春の代わりに、薫が仕事部屋に隠したという証拠探しをする碓氷克喜(田野井健)深水咲良(夏帆)は、証拠が記されたUSBの在りかの情報を手に入れます。

ところが、そこへ本城が現れ、咲良は殴られて気絶し、克喜は連れ去られてしまいます。

そして、本城は、清春にUSBを持ってくるよう命じるのでした。

実は、とある事情で「十億円強奪事件」に関与してしまった芹奈。

本城は、その証拠を隠した事を薫に知られてしまい、全てを白状していました。

さらに、本城は、何者かに、芹奈が事件に関与していた事を脅され、事実が明るみに出る事を防ぐために、動いていたのでした。

そして、芹奈を連れ、本城にUSBを届けに来た清春は、本城の仲間に銃を向けられてしまいます。

 

 

そこで、清春は、芹奈を守るために、道を踏み外し、全ての罪を被ろうとしていた本城に最後の説得をしますが、本城は全く聞く耳を持ちません。

駆けつけた碓氷班の面々により、仲間を取り押さえられてしまった本城が、克喜に銃を向けると、清春は本城に向かってを銃を撃ちます。

すると、本城は、「人として死ねる、ありがとう」と清春に言い残し、命を落とすのでした。

一方、父親を殺した清春を責める芹奈に、才門は「刑事としての名誉を守るために殺した」と諭し、本城の願い通り、芹奈が「十億円強奪事件」に関与していない事にすると約束するのでした。

翌日、才門との約束通り、芹奈は罪を免れたものの、本城が「十億円強奪事件」の首謀者で、「薫殺害事件」の犯人として、事件は幕を閉じます。

納得のいかない清春は、「警察の名誉を守る方が大事」とあっけらかんと語る才門に、怒りをあらわにします。

 

 

そして、才門は「あなたのおかげで回収する事ができました」と呟き、薫の残したUSBをデスクにしまうのでした。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第2話の感想

それでは、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第2話のツイッターの反応を見てみましょう!

警察に取り囲まれ絶体絶命の清春が、どうやってピンチを乗り切るのか気になっていましたが、まさかの乳首相撲

この展開には、驚きと戸惑いを感じた方が多かったようです。

そして、独特の世界観で、展開も早く、情報量が多いため、話についていくのが難しいというコメントもありましたが、それこそが本作の魅力の1つ!

今後、1つ1つ伏線が回収され、事件が解明していく過程が楽しみですね。

また、今回のキーパーソン・本城の死は、衝撃的でした。

『3年A組』から引き続いての登場人物にもかかわらず、こんなに序盤で命を落とすとは・・・。

そして、本城を裏で操っていた人物が、才門だった事にも注目が集まっています。

ただし、才門が『十億円強奪事件』の黒幕だと考えている方は少ないようです。

才門の行動は全てが怪しいため、清春を催眠術で操っているという考察も多かったです。

考察合戦も白熱してきているようですね!

まとめ

謎が謎を呼び、全ての登場人物が怪しく見えてしまうドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』

本城を操り、薫の残した「十億円強奪事件」の証拠のUSBを手にした才門。

果たして、才門は事件の黒幕なのか!?

そして、才門が手に入れたUSBの中には何が!?

次回、才門の動向に注目です。

そして、第3話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

視聴者の考察もまとめているので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第3話のネタバレとあらすじ、感想を紹介! _______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です