紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

碓氷克貴が受けた人体実験の詳細が明らかにされたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第7話

一方で、宮城遼一が人格矯正プログラムの被験者第一号だったという衝撃の事実が!

そして、今まで「3年A組」との繋がりが話題にあがっていましたが、「ジョーカー 許されざる捜査官」の世界とも関連している可能性が・・・。

張り巡らされた伏線の数々に、より先の展開が読めない状況に。

そんな中、身柄を拘束されてしまった遊佐清春の運命は!?清春の「覚醒」が意味するものとは!?

注目のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

また、第7話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

第7話までの考察についても記載してますので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第7話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話のあらすじ・ネタバレ

ニッポンノワールの人体実験について突き止めたものの、身柄を拘束されてしまった遊佐清春(賀来賢人)

 

 

さらに、警察病院の実験施設は爆破され、ニッポンノワールのアジトももぬけの殻となり、証拠は隠滅されてしまいます。

そんな中、実験施設で、ある記憶を思い出した清春は、自分も人体実験を受けたのではと疑いを強めるのでした。

清春が捕まったにもかかわらず、捜査会議に参加できない南武修介(北村一輝)らの捜査班。

被疑者・清春の死亡で事件を片付けられる可能性がある事から、南武は江國光成(杉本哲太)らに、清春を順番で見張るよう命じます。

その頃、人格矯正プログラムの被験者第一号だという事実を受け入れる事ができない宮城遼一(細田善彦)は、過去に自分が起こした殺人事件について調べていました。

ところが、事件についての記録を発見する事ができず、宮城は複雑な想いを抱えます。

清春の元を訪れた江國は、亡くなる数日前に現れた才門要(井浦新)とのやり取りを伝えます。

 

 

実は、才門はニッポンノワールのメンバーで、十億円の回収と事件に蓋をする任務を負っていました。

ところが、才門は清春を助けた事により、組織から命を狙われていました。

そして、清春の記憶と薫のUSBが合わさる事により、ニッポンノワールの本性が浮かび上がると才門は考えていたのでした。

一方、深水咲良(夏帆)は、ニッポンノワールや人格矯正プログラムに関する記事を公表しようとするも、何らかの圧力がかかり思い通りに事が進みません。

そこで、喫茶店ボナーロに現れた宮城に、協力を求めますが、宮城はニッポンノワールの文字を見て取り乱します。

そんな宮城を心配する本城芹奈(佐久間由衣)に、宮城は、自分が殺人犯で人格矯正プログラムの被験者第一号だと告白するのでした。

その頃、碓氷政明元警察庁長官(大和田伸也)主導の元、碓氷克貴(田野井健)の人体実験が再び行われようとしていました。

すると、碓氷に一本の電話があり、碓氷は実験を中断するのでした。

一方、名越時生(工藤阿須加)が、清春と克貴の親子関係を証明する鑑定書を見せに、清春の元へ。

そこに、ガスマスクの人物が現れます。

 

 

そして、「碓氷克貴が危ない」と清春に伝えたガスマスクの人物が、清春にニッポンノワールの画像を見せると、清春は気を失ってしまいます。

1人思い悩む宮城の元に、郡司真人(椎名桔平)が現れます。

人体実験や宮城の過去について知る郡司は「俺と過ごした時間は、紛れもない真実だ」と、宮城に声をかけます。

宮城は、そんな郡司の言葉に涙するのでした。

 

 

目を覚ました清春から「克貴が危ない」と聞かされた宮城は、清春の脱走を手引きします。

そして、薫との記憶の断片が蘇り、薫のUSBのパスワードが「GARM PHOENIX」だと思い出した清春は、見事USBのロックを解除する事に成功し、克貴の居場所を突き止めます。

克貴が囚われている実験施設に辿り着いた清春と宮城は、江國らと合流します。

ところが、実験施設に克貴の姿はなく、眞木光流(矢本悠馬)から5分で克貴を見つけないと、殺すという条件を出されます。

急ぎ克貴を探す清春らですが、その前に銃で撃たれても立ち上がる工作員達が立ちはだかります。

江國らに工作員の相手を任せて、克貴を探す清春と宮城。

宮城が克貴を見つけ出しますが、そこには、眞木が待ち伏せていました。

克貴を逃がそうとするも、足を撃たれて動けない宮城が絶対絶命の時、清春が駆けつけ、眞木の肩を撃ち抜きます。

ところが、眞木は克貴に銃を向け、清春に銃を捨てるよう迫ります。

言われた通り清春は銃を捨てますが、眞木の狙いは、清春の怒りの沸点を上げる事で、さらに克貴に迫ります。

そんな眞木と揉み合いになった宮城は、胸を撃たれ倒れてしまいます。

すると、怒り狂った清春の体に異変が生じ、清春は、眞木の頭を床に叩きつけ、眞木を倒します

 

 

そして、宮城は「ニッポンノワールを倒してくれ」と、清春に言い残し、命を落とします。

喫茶店ボナーロに戻った清春は、深水喜一(笹野高史)から差し出された栄養ドリンクを手に「いつからこの中に入れていた?」「あんたがニッポンノワールの黒幕なのか?」と、問いかけるのでした。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話の感想

それでは、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話のツイッターの反応を見てみましょう!

早い段階で、黒幕の可能性がささやかれていた深水喜一と中身が怪しまれていた栄養ドリンクですが、ついにその正体が明かされそうですね!

しかし、才門がニッポンノワール側の人間だと分かった今、深水は逆に黒幕ではないのでは!?という声が多数!

深水は栄養ドリンクに清春の力を抑制する「何か」を入れ、娘・星良の命を奪ったニッポンノワールに復讐しようとしているのではと考えている方が多いようです。

才門がニッポンノワールの一員だったのも、婚約者・星良のために組織に潜り込み、深水と共に復讐を企てていたと考えると辻褄も合うのではないでしょうか。

次回、深水が真相を語る事が予想されますので、見逃せません。

また、前回、人格矯正プログラムの被験者第一号という衝撃の事実が発覚した宮城。

今回は、そんな宮城の苦悩が描かれ、周囲の人々の支えにより、前に進みだすという内容だっただけに、突然の死には驚かされました。

しかし、ネット上でも話題になっていますが、公式HP上で、薫と星良以外に「死亡」の表示がありません。

ストーリー上、死亡した事になっている本城諭、才門、宮城は、本当に死亡しているのか!?気になります。

さらに、物語も佳境を迎え、ガスマスクの人物の正体についての考察も盛り上がりを見せています。

以前から、その行動を怪しまれていた名越ですが、今回の言動から、ガスマスクの人物ではないかという考察が多数!

その一方で、「3年A組」出演者で、未だ登場していない柊一颯役の菅田将暉さんを期待する声も多いです。

個人的には、本作と同じ武藤将吾さん脚本の「仮面ライダービルト」を思い起こさせる描写が多い事から、仮面ライダークローズ/万丈龍我役の赤楚衛二さんが、まだ顔が登場していない南武の息子で、ガスマスクの人物として登場する事を期待しています。

視聴者それぞれ期待はあると思いますが、その正体が明かされる日が待ちきれません!

まとめ

ついに黒幕に近づいたかのように思われるドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第8話

果たして、清春の読み通り、黒幕は深水なのか!?気になります。

そして、やはり清春も人体実験を受けていた可能性が高い!

果たして、清春の体に何が起こっているのか!?

なぜ、清春は人体実験を受ける事になったのか!?

次回、徐々に明かされる真相が待ちきれません!

そして、第9話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

視聴者の考察もまとめているので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第9話のネタバレとあらすじ、感想を紹介! _______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です