紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

ドラマ『ハケンの品格2』第4話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

前回、社食のカレーの味を復活させ、新入社員・井手裕太郎が起こしたトラブルを見事に解決したスーパーハケン・大前春子

春子のクレーム対応での変貌ぶりにも驚かされました。

そして、今回も、井出が何か騒動を起こすようです。

さらに、皆さんがお待ちかねの東海林武も再登場!

それでは、ドラマ『ハケンの品格2』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します!

また、第3話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

視聴者の食欲をそそったカレーについても記載していますので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ハケンの品格2』第3話のネタバレとあらすじ、感想を紹介!

ドラマ『ハケンの品格2』第4話のあらすじ・ネタバレ

自分の家のゴミを勝手に会社で捨てようとする井手裕太郎(杉野遥亮)

そんな非常識な井手を、大前春子(篠原涼子)は厳しく注意します。

ところが、春子は、宇野一平(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」「一切口出しするな」と叱責されてしまいます。

そこで、井出に対し、業務上最小限の指摘をする春子でしたが、宇野はその様子を見てヤキモキ。

実は、井手は、S&F社の重要な取引先である「テイスト・オブ・ライフ」の創業者で社長の井手美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社なだけでなく、特に気を遣われている存在なのでした。

その頃、旭川支社の東海林武(大泉洋)を訪れた里中賢介(小泉孝太郎)

春子の事が気になる東海林は、春子をビックリさせようと、春子に電話する事に。

東海林は、面と向かって言えないからと、電話越しに「あの頃は感謝している」と伝えますが、電話の相手は、なんと浅野。

東海林は、春子に対するイライラを募らせるのでした。

一方、井手と三田貴士(中村海人)の初めての営業回り。

2人は、井手に代わり千葉小夏(山本舞香)福岡亜紀(吉谷彩子)が準備したサンプルを配り歩きます。

ところが、初営業で契約を取った三田に対して、井手はヤル気がない様子。

そんな井手の様子を見た小夏は怒り心頭!

同一労働同一賃金といいながらも、社員に比べて低い賃金で働いている事に納得のいかない小夏は、春子に愚痴ります。

すると、春子は「同一労働同一賃金は幻想」「ハケンは行き倒れたらおしまい」と話すのでした。

翌日、井手と三田が、営業先に回収予定のサンプルを配ってしまった事が発覚!

サンプルの準備をした小夏と亜紀は、宇野から激しく叱責されます。

そんな中、商談に訪れた井出の母・美香が、井手が生き生きと働いている姿を見学に来る事に。

ところが、井手は姿を消してしまいます。

そこで、ハケンのパワハラが原因で井手がいなくなったと、宇野は春子を責めます。

すると、春子は冷蔵倉庫の中で、井手を発見します。

井手は、自分の責任で小夏や亜紀が怒られてしまった事に負い目を感じ、サンプルの整理をしていたのでした。

その時、突然社内が停電!

春子と井手は、倉庫に閉じ込められてしまいます。

さらに、倉庫内の防犯カメラも電源が落ち、スマホの電源も切れ、春子と井手は絶対絶命!

その頃、商談中の里中と東海林は、井手が姿を消した事を知り、美香の足止めをする事に。

一方、助けを求めながら、井手は「広い世界ではばたきたい」と会社を辞めたい理由を話します。

そんな井出に、春子は「脱出したら思う存分羽ばたけ」と伝えます。

春子の機転で、倉庫から無事に出る事ができた春子と井手。

井手が戻ってきた事に、営業事業部の面々は、ほっと胸をなでおろします。

そんな中、サンプルのミスを認め、頭を下げた井出は、春子に「スーパーハケンになる」と宣言します。

すると、春子の生き様に憧れ、突拍子もない事を言い出した井出に、春子は「ヘタレだから無理」「でも多少見どころのあるヘタレ」だと伝えるのでした。

一方、東海林が営業1課の課長として、本社に舞い戻り、春子と東海林は火花を飛ばすのでした。

ドラマ『ハケンの品格2』第4話の感想

それでは、ドラマ『ハケンの品格2』第4話のツイッターの反応を見てみましょう!

今回も、大前春子のハケン論がたくさん語られていましたね~。

多くの会社で、ハケンとして働いてきたからこそ出てくる春子の言葉は説得力があります。

そして、13年経って、春子の圧が強くなったと感じたのは、私だけでしょうか(笑)

前作の桐島敏郎部長役の松方弘樹さんに比べて、宇野一平部長役の塚地武雅さんは、完全に春子の圧に押されているようで・・・。

正社員だろうと、役職者だろうと関係なく、自分の意見を言える春子のような存在は貴重ですね。

そんな春子の生き様に感化されたのが、井出裕太郎

春子の働き方が、新入社員やハケン仲間に影響を与える事は予想していましたが、まさか井出が「スーパーハケン」を目指す事になるとは!

冷蔵倉庫に閉じ込められ、春子に上着を貸したり、ミスを認めて謝ったりと、井出も徐々に成長しているよう。

井出がスーパーハケンになるために、頑張る姿が楽しみですね!

そして、ようやく戻って来たトックリVSクルクルパーマの対決に、期待の声が多数!

やはり、『ハケンの品格』といえば、大前春子と東海林武の掛け合いが魅力的ですよね!

春子の事が気になってしょうがない東海林と、軽口を叩きながらも東海林を意識しまくりの春子。

今後の展開が楽しみですね!

まとめ

今回も、春子の機転により難を逃れましたね~。

そして、東海林が営業1課の課長として、本社に戻って来た事により、一波乱起こりそうな予感・・・。

春子は、次なるトラブルをどのように解決するのか!?

春子と東海林の関係が進展する事はあるのか!?

次回も待ち遠しいですね!

そして、第5話のあらすじネタバレと感想についての紹介記事はこちらです。

東海林に訪れたピンチについて記載していますので、ぜひご覧ください!

ドラマ『ハケンの品格2』第5話のネタバレとあらすじ、感想を紹介! _______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です