テラスハウス東京2019第1話「We’re Back In Tokyo」のネタバレと感想

いよいよテラスハウス新シーズン「東京2019-2020」が始まりました!

前シーズンの軽井沢編は、温もり感じるお山の家でのピュアな恋や、女子の壮絶な心理戦が見ものでした。

今シーズンはどんなトキメキやドロドロを観れるのでしょうか!?

前記事でメンバーの紹介をしていますので、そちらもぜひご覧ください!

1話「We’re Back In Tokyo」のあらすじ(ネタバレあり)

メンバー6人が出揃いました!

みんな緊張してて初々しい。

プールに屋上にプレイルーム。今回のおうちも豪邸です!

家には何も食材がないので、ケニー・春香・莉咲子でさっそく買い出しに行くことに。

スーパーではケニーと春香2人のシーンが多く、春香がぽつんと1

その頃家では翔平・ルカ・香織が食事の準備をしています。

翔平「ルカどのレベルで女の子と話せないの?」

ルカ「しゃべりかけられたらしゃべれるんですけど

と返事をしながら、すでに顔が赤いルカがかわいい!

食事中もルカに質問が集中し、女子メンバーがイジってました。

自分の好みのタイプについての話題で、

ケニー「(自分を)サポートしてくれる人がいい。

飲み会とか行ってても連絡してこないでほしい。

俺は嫉妬しないし。」

この日の夜、女子部屋でこんな会話がありました。

莉咲子「一緒にスーパー行ってしゃべりやすかったけど、壁を感じる」

香織「1番歳が近くても壁を感じる」

春香「何を考えてるのか全然分かんない」

話の流れで男子部屋を見に行ってみたいと思った女性陣。

案内してくれたのは台湾モデルの翔平でした。

この時、翔平から衝撃の発言が。

「俺、香織ちゃんに興味があるんだけどさ、強く」

初日の夜に突然の興味ある宣言に、香織は

テラスハウスあるある!第一印象どうだった?

テラスハウスでは毎シーズン、初日に第一印象を教え合うっていうのが定番です。

今シーズンもやっぱり聞き合っていましたね〜

まとめるとこんな感じです。

ルカ⇄春香

翔平香織

ケニーは明言せず

莉咲子は明言せず

香織は明言せず

ルカと春香は好印象同士。

翔平は香織に興味あり(強く)。笑

分かりやすかったのはこの2つでした。

ただ、「第一印象は当てにならない」っていうのがテラスハウスあるある。

第一印象いい人ほど、最終的に株価大暴落するので、そこもどうなるか楽しみですね。

第1話についてネット上の反応

新シーズンを心待ちにしていたファンの皆さんが、どう感じたのかを調べてみました!

毎シーズン恋愛が動き出すのはもっと遅いのですが、今回早くて面白いですよね!

待ち長かったですよね〜!

色んな見方ができるのも、テラスハウスの良さの一つですね!

1話「We’re Back In Tokyo」の感想

初日の夜、女子部屋で「ケニーが何考えてるか分からない」と言われていました。

女子メンバーが口を揃えて言うってことは、ケニーは何かしら近寄りがたい雰囲気があるんでしょうね。

たしかに女子が男子部屋を見たいと申し出た時、案内してくれるのではなく、「どうぞ」と言っただけだったのは冷たさを感じました。

香織に面と向かって、

「興味があるんだよね、強く」

と言った翔平がすごく好き!こんなこと言われたらドキーッてなっちゃいます!

その場にいた莉咲子はワクワクした目で見てましたが、隣でつまらなさそうにしている春香も印象的でした。

「今ね、私つまらないの」を露骨に態度に出す人っていますよね〜(やっぱり性格悪そ)

まだまだメンバーは緊張している様子なので、中身を深く知ることはできませんでした。

ですが、今後翔平と春香は何かしらがあるはずですよね。

さっそく動き出したテラスハウス内での恋愛!

2話「Tempura Incident(天ぷら事変)」をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です