紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

向翔一郎は結婚していない!父親や母親,兄弟(姉)も凄い⁉

現在、柔道90kg級で大活躍している向翔一郎(むかい しょういちろう)選手。

新型コロナウイルスの影響で1年延期になった東京オリンピックでは、柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定しています!

メイプル超合金のカズレーザーさんに似ているなど『ワイルド系イケメン』と呼ばれる一方で、普段の強気な発言なども注目されがちです。

そんな向翔一朗選手は幼い頃から柔道を始めているので、向翔一朗選手の父親・母親や兄弟も柔道が強いのでしょうか?

なので今回は向翔一郎は結婚していない!父親や母親,兄弟(姉)も凄い⁉についてチェックして行きたいと思います!

向翔一郎の家族について

幼い頃から柔道を始め、小学生の時は敵無しと言われていた向翔一郎選手。

実際に向翔一郎選手自身も『この時期が一番強かったのではないかと思えるほど試合で勝ち続けていた。』と言うほど!

負けた記憶が無いんでしょうね…カッコイイですね。

そんな向翔一郎選手の家族はどんな方なのでしょう。

向翔一郎選手の父親は柔道の指導者

向翔一郎選手は、幼い頃からお姉さんと一緒にお父さんの吉嗣さんから柔道を教わっていたそう。

お父さんは柔道の指導者だそうです!

お父様の戦歴などの詳しいことはわかりませんでした。

ですが、相当厳しく指導していたそうです…(°°;)

お父さんから指導を受けていた小さい頃の向翔一郎選手は、遊んでいてお友達を脱臼させてしまったことがあった為、「相手にけがをさせたらどうしよう」とばかり考えていたようです。

力があり過ぎたんですね!!

怪我をさせたらどうしよう…と考えるなんて力があり過ぎるのもちょっと可哀想ですね…

ですが運動神経がとてもよく、技の飲み込みも早かったとお父さんは語っています。

姉に30~40回教えてもできないことを翔一郎は1回でやってのけた、自転車は補助輪なしで一発で乗れ、夫婦で驚いたなどとにかく運動神経抜群だったそうです!

向翔一郎選手のお母さんについての情報は詳しくなかったのですが、画像左に写っているのがお母さんなのですが、優しそうな方ですね♬︎♡

そして、実は向翔一郎選手のお姉さんが凄い方だったんです!

向翔一郎の姉は元格闘家

名前は、向奈都美(むかいなつみ)さんと言って、向翔一郎選手とは4つ違いのお姉さんです。

お姉さんが先に柔道を始めていて、弟の向翔一郎選手はそんな姉に付き添う形で4歳から道場へ通っていたそうです。

翔一郎さんとは正反対でお姉さんは気が強く、お父さんから相当厳しく指導を受けました。

柔道を続け、高校生の時には「柔道全国高校体重別選手権」で2位となっています。

さらに、2014年には「サンボ全日本選手権大会」56キロ級で優勝し、「サンボ世界選手権」56キロ級では4位となっています。

「サンボ」とは、ソビエト連邦で開発された格闘技で、一言でいえば柔道に関節技を加えたような競技だそうです。

2015年11月からは日本の女子総合格闘技団体である「DEEP JEWELS(ディープジュエルス)」の試合に出場し、3戦3勝しています。

その後格闘技は引退し、神奈川県内の大手スポーツジムでパーソナルトレーナーとして働いていたそうです。

現在は結婚して子供が一人いるそう。

さすが、オリンピック内定する実力のある選手の姉って感じですね…!!

向翔一郎は結婚している?

イケメンな向翔一郎選手について、彼女はいるのか?結婚しているのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

スポーツ選手は結婚するの早いですしね!

向翔一郎選手の彼女や結婚の噂について調べてみましたが、現在のところ一切そのような情報は出ていませんでした。

まだ独身です!

彼女がいるのかいないのかはわかりませんでしたが、モテない訳ないでしょうし、いるかもしれませんね!

いきなり結婚発表などありそうな気もしますね(笑)

向翔一郎のプロフィール

向翔一郎選手のプロフィールの紹介です。

  • 名前:向 翔一郎(むかい しょういちろう)
  • 生年月日:1996年2月10日
  • 年齢:24歳(2020年10月時点)
  • 出身地:富山県高岡市
  • 身長:178センチ
  • 体重:90キロ
  • 階級:90kg級
  • 得意技:内股

向翔一郎の経歴

4歳の時に姉に続いて柔道を始めます。

小学校1年の時に新潟県へ移ると、白根柔道連盟凰雛塾の所属に。

小学校4年生ごろから本格的に柔道に取り組み始めると、この時期が一番強かったのではないかと思えるほど試合で勝ち続けていたそうです。

中学は上京して講道学舎の所属となり、講道学舎ではかなりきつい練習を課せられたそうなのですが、持ち前の要領の良さから上手に立ち回り先輩から可愛がられたそうです♬︎♡

その後富山県の雄山中学へ移りますが、講道学舎出身というプライドが邪魔して伸び悩んでしまったそうです。

高岡第一高校へ入学しても、講道学舎出身だということで周囲からちやほやされてしまい、熱心に柔道に取り組まなかったそう。

しかし、中学まで圧勝していた同級生に敗れた際に、これまでの無作法な態度を父親に諭され、以降は真剣に練習に取り組むことに。

3年の時にはインターハイの81kg級で5位となり、大学では柔道をやめてアメリカンフットボールに取り組む予定だったそうなのですが、日本大学の柔道部にスカウトされて柔道を続けることに決めたそうです!

柔道を辞めようとしてたと言うのは驚きですね!!

ですが、見てる人は見てるんですね。

向翔一郎選手が柔道を辞めないで良かったです(>_<;)

ちなみに、向翔一郎選手が少し天狗となってしまった原因の講道学舎とは、日本全国から将来有望な柔道の「金の卵(中学1年〜高校3年)」たちが入門するエリート養成私塾です。

塾生は全員、世田谷区立弦巻中学校から私立世田谷学園高等学校に通学しながら柔道を学ぶそうです。

エリートと認められた訳ですもんね。

柔道をやっている方たちからしたら憧れの的なようなので、天狗になってしまうのも少し分かりますね(>_<;)

向翔一郎の主な戦歴

小さい頃から数多くの大会で活躍してきた向翔一郎選手の主な戦歴をまとめました。

  • 2013年 – インターハイ 5位 81kg級
  • 2014年 – 優勝大会 2位
  • 2014年 – 全日本ジュニア 優勝
  • 2014年 – 世界ジュニア 団体戦 優勝
  • 2015年 – 優勝大会 3位
  • 2015年 – 全日本ジュニア 優勝
  • 2015年 – 世界ジュニア 団体戦 優勝
  • 2016年 – 学生体重別 優勝
  • 2016年 – 体重別団体 3位
  • 2016年 – 講道館杯 3位
  • 2017年 – 体重別 優勝
  • 2017年 – 優勝大会 3位
  • 2017年 – ユニバーシアード 個人戦 3位 団体戦 優勝
  • 2017年 – 講道館杯 優勝
  • 2017年 – グランドスラム・東京 3位
  • 2018年 – グランドスラム・パリ 優勝
  • 2018年 - 体重別 3位
  • 2018年 - グランプリ・ブダペスト 7位
  • 2018年 - 世界団体 優勝
  • 2018年 - 講道館杯 3位
  • 2018年 - グランドスラム・大阪 優勝
  • 2019年 – グランドスラム・パリ 5位
  • 2019年 - 体重別 優勝
  • 2019年 – グランプリ・ブダペスト 2位
  • 2019年 – 世界選手権 2位
  • 2019年 - グランドスラム・大阪 3位
  • 2020年 - グランドスラム・デュッセルドルフ 3位

2014年、15年は本当に無双状態ですね!

2014年は日本大学へ進学した頃です!!

向翔一郎は結婚していない!父親や母親,兄弟(姉)も凄い⁉まとめ

東京オリンピック男子柔道90キロ級に内定している向翔一郎選手。

幼い頃から才能があったんですね。

指導者であるお父さんと元格闘家のお姉さんとともに練習し、持ち前の要領の良さもあり、めきめき頭角を現すあたりが、漫画の主人公のようですね(°°;)

講道学舎という事で天狗になってしまった時期もあったそうですが、そこで挫折し、また強くなるなど、家族からも支えられているのがわかりました。

そんな向翔一郎選手は、東京オリンピックが来年本当に開催するかなど分かりませんが、金メダル取ってもらいたいですね!!

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です