『駆込み女と駆出し男』あらすじやネタバレ感想!ロケ地解説も!

駆け込み女と駆出し男は、井上ひさしの小説「東慶寺花だより」を原案に製作された、大泉洋主演の映画です。江戸時代に幕府公認の縁切寺・東慶寺を舞台に描き、戸田恵梨香、満島ひかりが出演。笑って泣ける痛快時代劇です。

『駆込み女と駆出し男』のあらすじ

天保12年(1841年)、一度結婚すると妻から離縁はできない時代でした。しかし鎌倉にある東慶寺に駆け込むと、夫と縁を切ることができ、問題を抱えた女性たちが命懸けで寺へと駆け込んできます。

偶然縁切りの手伝いをすることになったのは、戯作者を目指す見習い医師の信次郎(大泉洋)。達者な口回しで女性たちの人生の再出発を手助けしていきます。

『駆込み女と駆出し男』のネタバレ!

信次郎(大泉洋)は、鉄を作る働き物で腕のある職人のじょご(戸田恵梨香)、日本橋・唐物問屋の妾・お吟(満島ひかり)の駆け込みに居合わせます。それから戸賀崎ゆう(内山理名)をはじめとする、困難を抱えた女性たちの人生と関わっていくことに。

命を狙われているのに、駆け込みの理由を頑なに明かさないお吟。道場破りによって旦那を失い、望まない結婚をさせられた戸賀崎。さらに遊郭にいる妹を助けるために身を呈する姉夫婦刺客として寺へ送り込まれた女想像妊娠でお腹が膨らんでいく女性が現れます。

 

旦那からの暴力から逃げきったじょごは、寺で様々なことを学び、刀の腕を磨いたことで自信を付けていきます。信次郎は医師としての知識で女たちの治療に励み、達者な口回しで旦那たちと渡り合います。

ある日男子禁制の東慶寺に、戸賀崎の旦那が刃物を振り回して殴り込んできます。

容赦なく切りつける男たちに、じょごが薙刀を手に戦いを挑みます。寺で絆を深めていったじょごと信次郎は惹かれあっていき、共に支え生きることを選びます。

『駆込み女と駆出し男』感想まとめ!

『駆込み女と駆出し男』ロケ地解説

ロケ地の多くは滋賀県の寺院が使われています。

https://shigaloca.shiga-saku.net/e1152181.html

駆込み寺の東慶寺
書寫山 圓教寺
http://www.shosha.or.jp/
住所:兵庫県姫路市書写2968

東慶寺の中門
百済寺
住所:滋賀県東近江市百済寺町323
http://www.hyakusaiji.jp/special_stage/

東慶寺の中や回廊
西教寺

住所:滋賀県大津市坂本5丁目13-1

http://www.saikyoji.org/

まとめ

大泉洋主演の笑って泣ける時代劇、時代考証や寺院のロケ地も壮大で、映像美も圧巻。言葉が難しいので字幕付きがおすすめ、大泉洋のキャラクターが存分に生かされています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です