クィアアイ〜シーズン1〜第3話「パーティ野郎の卒業式」のネタバレ感想

今回のダサメンは36歳・183㎝・130㎏、警察官のコーリー。

奥さんはデートで上品に着飾るのに、自分はTシャツにサンダルで出かけるそうです。

そんな自分を変えたいと番組に応募しました。

コスプレ大好きパーティー野郎を、奥さんに見合う男性に改造できるのでしょうか!?

第3話「パーティ野郎の卒業式」のネタバレ

コーリーは自宅の地下に1人でいました。

地下はデガドゥパーティー(レース後のファン主催のパーティー)のコスプレグッズで溢れています。

40〜50人も呼んでパーティーって…奥さん大変だな〜

1階のクローゼットの半分は亡くなったお父さんの服、さらに半分は奥さんの服が占めていました。

1階にコーリーの居場所がなさそうですね。

デートはもっぱらショッピングモールに行くと聞き、

「きれいな奥さんをそんな場所に連れて行くなんて…」

と、カラモはびっくり!

奥さんと素敵なデートをする時のために、タンはオーダーメイドのスーツを新調してあげます。

「奥さんのためのオシャレだと伝わるように頑張ってね」

と優しく諭すタンが素敵すぎる〜!

お別れの際に、ボビーとタンからのプレゼントをこっそりリビングに置いて帰ります。

2人からのプレゼントとは一体?

カラモの過去が明らかに

あらすじでは省略しましたが、実はコーリーの家に向かう途中でこんなことが起こっていました。

今回の運転手はカラモ。

途中、違反もしていないのにパトカーに止められます。

番組を撮影していると伝えますが、横柄な態度の警察にカラモは暗い表情になります。

警官「車から降りろ」

警官の態度に、不穏な空気が漂います。

警官「どんな番組なんだ?」

カラモ「男性を改造するんだ」

警官「ああ、知ってる。僕が推薦者だからね!

と、実はこの警察官こそが、コーリーを推薦した友達だったようです。

心底ホッとするファブ5でしたが、カラモの目が笑ってないのが気になります…

そしてコーリーとカラモが2人きりになる時間がありました。

カラモ「黒人と警官が緊張関係にあるから、昨日君の友達に車を止められ、パニックになったよ」

この言葉を聞き、コーリーから笑顔が消えます。

カラモ「車から引きずり降ろされるんじゃないかと思った。僕の息子は免許を取ることさえ嫌がるんだ」

この時期、ちょうど警官が黒人に過剰な暴力を加えている事件が続き、ニュースになっていました。

カラモ「つまり黒人全員を犯罪者扱いされているように感じる

コーリー「警官も全員が悪者じゃない。あんな事件を起こした警官は全体の一部だ」

カラモは黙って聞いています。

コーリー「でも、そんなこと絶対に起こってはいけないんだ」

カラモ「君の口からそれを聞いて、とても安心したよ」

コーリー「黒人と警官はお互いの意見が届かない。でもこんな風に話し合えば社会の状況も良くなるだろう。お互い心を開くんだ

そして2人は固く握手を交わします。

コーリーとカラモは、この時初めてお互いに心を開けたんですね。

ちょっと長かったですが、どうしてもカラモのことを知ってほしくて紹介しました!

カラモのバックグラウンドが分かり、「クィアアイ 」への理解が深まった気がしますね!

カラモについてネット上の反応

今回カラモが「息子は…」と言っていましたが、こういうことだったんですね!

第3話「パーティ野郎の卒業式」の感想

コーリーとカラモが「黒人と白人警官」の確執を払拭したシーンは最高でしたね!

お別れの時も、感動して泣いていた2人の姿に私も号泣。

そしてボビーとタンが残していったプレゼントがさらに感動的で、ファブ5が全員涙していました。

プレゼントとは一体!?

生まれ変わったコーリーは家族と素敵なデートができるのでしょうか!?

第4話「ゲイらしく生きるか生きないか」をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です