紅白歌合戦(2020年末)の出演者(出場歌手&司会)の予想!発表は11月?

「コウノドリ」ドラマ1期のあらすじとキャスト紹介!

鈴ノ木ユウによる原作漫画のエピソードをベースに、オリジナルの題材を加えてドラマ化されました。

「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」をテーマに、生まれてくる赤ちゃんと、家族の未来を細やかに描き出します。

「コウノドリ」あらすじ

聖ペルソナ総合医療センターを舞台に、産婦人科のチームリーダーである鴻鳥サクラ(綾野剛)が命と向き合う物語。生まれてすぐに母を亡くし、児童養護施設に預けられたサクラは、天才ピアニストでもあり『BABY』という名前で演奏活動も行っています。

第1期では永井浩之(小栗旬)が、交通事故で危機に瀕した妻の命と、妻が身ごもった赤ちゃんの、命の選択を迫られます。最終話にも登場し、出産後も続くシングルファザーとして格闘する姿が描かれます。

若くして身ごもった中学2年生が命と向き合う姿、43歳の高齢出産に挑む女性、帝王切開を拒み助産院での出産を望む妊婦など、ペルソナ医療センターには色々な事情を抱えた妊婦と家族がやってきます。

産婦人科とタッグを組む新生児科のリーダー・今橋貴之(大森南朋)は、後輩の白川領(坂口健太郎)とともに、厳しい医療現場の現実を伝えていきます。

さらに新人産科医の下屋加江(松岡茉優)の成長する姿、笑わない産科医・四宮春樹(星野源)の過去のトラウマ、産科のムードメーカー・小松留美子(吉田羊)の迷い、そして鴻鳥サクラ(綾野剛)の生い立ちが絡まりながら、明るくも真剣に未来へと進んでいく姿が描かれていきます。

「コウノドリ」キャスト紹介

鴻鳥サクラ(綾野剛)

産婦人科医であり、天才ピアニストの主人公

四宮春樹(星野源)

サクラの同期である産婦人科医

小松留美子(吉田羊)

ベテランの助産師

下屋加江(松岡茉優)

駆け出しの産婦人科医

白川領(坂口健太郎)

新米の新生児科医

今橋貴之(大森南朋)

周産期センター長、新生児科部長

新井恵美(山口紗弥加)

優秀な新生児科医

向井祥子(江口のりこ)

信頼の置けるメディカルソーシャルワーカー

角田真弓(清野菜名)

若手で明るい助産師

小野田景子(綾戸智恵)

サクラがいた児童福祉施設の先生

まとめ

1期が終了してすぐに、2期の制作が決まったという人気ドラマ。涙なしでは見られない感動的なドラマになっています。シビアな現実を描きつつも、見終わったときには暖かな気持ちになる、名作です。

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です