「コウノドリ」ドラマ2期の最終回とは?あらすじと感想・見どころも紹介!

2015年・2017年にTBSで放送された「コウノドリ」は、産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)を中心に、出産の最前線で命を守る医療者の姿を描いていきます。1期ではペルソナチームの過去について触れられてきましたが、2期では新たな道へと踏み出す様が描かれていきます。

「コウノドリ」2期あらすじ紹介

難しい出産を控えた妊婦たちが集まる、ペルソナ総合医療センター。そこで働く鴻鳥サクラ(綾野剛)は、温厚な性格と冷静な判断力で周囲から信頼の厚い産科医です。サクラは、『BABY』として舞台に立つ天才ピアニストでもありました。

荻島勝秀(佐々木蔵之介)のいる離島へとやってきたサクラ、そこから物語は始まります。

下屋加江(松岡茉優)は産科医としての壁にぶつかり、産科を離れ救命へと異動する決意を固めます。研修医としてやってきた赤西吾郎(宮沢氷魚)の成長も見所です。

さらに四宮春樹(星野源)が、なぜ笑わなくなったのかその理由も明かされていきます。そして小松留美子(吉田羊)は病に倒れてしまい、自分の生き方とも向き合うことになります。

「コウノドリ」2期ドラマの最終回ストーリーとは?

地元の地域医療を支える四宮の父・晃志郎(塩見三省)が体調を崩し、サクラの勧めで地元に帰った四宮は、病院を継ぐ人がいないことを知り悩みます。

地域医療に飛び込むかどうかで迷う四宮に、サクラは恩師の荻島勝秀(佐々木蔵之介)を会わせました。荻島は四宮の思いに恐怖を見出し、一人で抱え込むなと語りかけます。

出生前診断でお腹の子供にダウン症があると知ったある妊婦は、産むことに迷いを感じていました。小松留美子(吉田羊)らの親身な働きかけで、少しずつ子供の存在を受け止められるようになっていきます。

そんな中、小松留美子(吉田羊)の元同僚の出産が始まりますが、出産中に容体が急変します。下屋(松岡茉優)のいる救急救命チームが駆けつけますが、心肺停止に。

小松は友人を呼び戻そうと必死に叫び、祈るように見つめる中、心拍が戻ります。子宮は摘出したものの、母体と赤ちゃんは無事命を取り留めました。

四宮はペルソナを離れ父の遺志を継ぐことを決め、小松も母親のケアという新しい道を進むことを決めます。サクラはその言葉を聞いて、自分はペルソナでみんなを、全てを繋げる役割を果たすことを決めました。

白川領(坂口健太郎)は、ペルソナを離れて別の小児循環器科で腕を磨くことを決めます。ずっと支えあってきた下屋加江(松岡茉優)は、新天地へと挑戦する白川を笑顔で見送ったあと、涙を流します。

地域医療に挑戦している四宮のもとには、研修医だった赤西吾郎(宮沢氷魚)がサクラにより派遣されます。その姿を見た四宮は、ふっと声を出して笑いました。

「コウノドリ」の見どころとその感想は?

まとめ

1期に続いて2期も、さらに命について深く鮮やかに描いたドラマとなりました。

サクラと四宮などそれぞれの心情がクローズアップされ、ストーリーの深みが増しています。

新天地へと進む寂しさもありますが、懐かしい人々が戻ってくる出会いもあり、明るく前向きな最終回でした。

_______
追記

オススメの動画配信サービスについて、以下の記事で解説しました!!

世の中にはいろんな動画配信サービスがありますが、
これを登録しておけば間違いない動画配信サービスを3つ、記事内で紹介しました。

マユオ

VODはコレで決まりにゃ!
【VOD選ぶの面倒くさい人必見】すべて使った僕が本気で選んだ3社を比べて結論を出す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です